ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店

↓メールはこちら↓
zatsu_ra@yahoo.co.jp

醤油ラーメン

空の青とひまわり畑@武蔵村山市<醤油ラーメン>4

IMG_0002訪問日:
2021.7.30

メニュー:
醤油ラーメン(\900)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、上北台駅から少し離れた武蔵村山市にあるひまわり畑の前にオープンした「空の青とひまわり畑」。

7月30日10:20頃の入店で先客は4人。
入って正面に消毒用スプレーが用意され、カウンターにはパーティションが立てられ席間も広く取られています。

IMG_0004IMG_0006
IMG_0009IMG_0011

メニューは、「醤油ラーメン」「塩ラーメン」、「白ご飯」「卵かけご飯」「地鶏の炊き込みご飯」「チャーシュー丼」。

今回は、「醤油ラーメン」をチョイス。

麺が「手揉み麺」と「ストレート麺」から選べ、食券を渡す際に聞いてくれるので、「ストレート麺」でお願いしました。

店内中程のテーブルに、お冷や・おしぼり・割り箸・レンゲが用意されていてセルフサービスとなっているので、待っている間に必要なものを取っておきます。

程なくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

…あれ?手揉み麺??
ストレート麺でお願いしたことを伝えると、快く作り直してくれると言ってくれました。
申し訳ない気もしますが、ありがたくお願いする事に。

IMG_0025
「醤油ラーメン」900円

IMG_0026

スープは、京都の地鶏「丹波黒どり」を使用したと言う清湯系の醤油味で無化調との事。

「塩」を挟んで2回目の「醤油」だけど、やっぱり個人的にはこっちが好みかな!上質な鶏の力強い旨味が押し寄せてくる出汁の濃厚さを感じるスープと醤油の一体感が抜群で、それでいてキツさが無く後味のスッキリしたバランスの良い味わいで凄く美味しい♪

IMG_0029IMG_0019
IMG_0028IMG_0031
麺は、東京製麺の細ストレート。

国産小麦の「春よ恋」を100%使用したと言うもので豊かな風味が感じられ、適度なハリを感じるもので、スープの持ち上げも上々で美味しい♪
もう少し柔らかいのも食べてみたいかも?
個人的にはやっぱり手揉みの方が好きかなって気がしたので、また手揉み麺も食べてみよう!

トッピングは、チャーシュー、メンマ、青菜、千切り青ネギ。

チャーシューほ、肩ロースとモモの2種類。
しっとりした食感の中に感じられる豊かな風味とスッキリしたながらもしっかりした旨味が感じられて美味しい♪

きのこのソースを途中で溶かすと風味と味の変化を楽しむ事が出来ます。
ソースの下に敷かれてたのは何かな?大根かと思ったけれど何となくフルーティーな甘味を感じるような?

メンマはコリコリ食感で、以前とは違い風味付けがしっかりされていて美味しい♪


全体的な印象としては、出汁も醤油も含め、素材の旨味をしっかりと引き出した上質な一杯で凄く美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
308杯目

前回の訪問:
2021.6.25

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都武蔵村山市学園3-39-3

営業時間:
10:00〜15:00
土日祝10:00〜16:00

定休日:
水曜日
木曜日

IMG_0008駐車場:
店舗横2台
斜向かいに無料の市営駐車場有

Twitter:
空の青とひまわり畑

三代目 哲麺 羽村店@羽村市<醤油ラーメン+替え玉>3

IMG_0042訪問日
2021.6.27

メニュー:
醤油ラーメン(\550)
替え玉(サービス)

味:
豚骨

コメント:
今日紹介するのは、羽村駅から少しの所にある「哲麺」。

6月27日13:10頃の入店で先客は6人。
券売機前に消毒用スプレーが用意されて、カウンターにはパーティションが立てられています。

IMG_0049IMG_0044
IMG_0046メニューは、「醤油ラーメン」「塩ラーメン」「味噌ラーメン」「煮干しラーメン」「ベーコンラーメン」「シビ辛豚骨醤油ラーメン」「あごだしラーメン」「旨辛魚ラーメン」「オロチョンラーメン」「ソーキラーメン」に各種トッピング、ご飯物、「焼き餃子」「山盛り唐揚げ」、ドリンク類、セットメニューなど。

今回は「醤油ラーメン」をチョイス。

麺のかたさが「やわらかめ」「ちょいやわ」「ふつう」「ちょいかた」「かため」「ばりかた」「はりがね」「こなおとし」から選べ、食券を渡す際に聞いてくれるので、「ばりかた」でお願いしました。

程なくして受け皿に載せられたラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_0052
「醤油ラーメン」550円

白茶濁したスープは、ライトな白湯豚骨をベースにした醤油味。

豚骨の感じがかなり変わってクリーミーさが無くなり、口当たりはシャバくなったけれど少し豚骨感がアップしたような印象で、その分背脂の存在感も出てこってり感があり、先日食べた「豚骨ジョージ」に近い雰囲気になっていて、マー油の芳ばしい風味が軽く加わっていて美味しい♪

IMG_0056IMG_0055

麺は、自社製の極細ストレート。
注文通り「ばりかた」な茹で加減で、サクザクした食感や粉感がしっかり楽しめ、スープもたっぷり持ち上げてくれ美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、細切りキクラゲ、海苔。

チャーシューは、薄切りながら大判の肩ロース。
低温調理されたものでムニッと柔らかく旨味たっぷりで凄く美味しい♪
こういうリーズナブルなチェーン店の低温調理だとなんとなく不安な気もするけれど、予想を覆す美味しさ!


「替玉」が1玉サービスとの事なので、麺を2/3程食べたところで「替玉」を「ばりかた」で注文。

IMG_0059
「替玉」

「替玉」は平皿で提供されます。

IMG_0060

今度は、卓上のすりゴマと辛子高菜をたっぷり加えて、美味しくいただきました♪


全体的な印象としては、以前の「哲麺」らしいミルキーさみたいなのはなくなったけれど、ライトでこってり感を楽しめるリーズナブルな豚骨ラーメンで美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
264杯目

前回の訪問:
2021.1.2

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都羽村市神明台1-4-9

営業時間:
11:00〜15:30 17:00〜23:00
※緊急事態宣言により営業時間が変更されている可能性があります。

定休日:


電話:
042-533-4919

駐車場:
10台

公式HP:
哲麺

空の青とひまわり畑@武蔵村山市【2021新店】<醤油ラーメン+味玉>4

IMG_0003訪問日:
2021.5.28

メニュー:
醤油ラーメン(\900)
味玉(\100)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、上北台駅から少し離れた武蔵村山市にあるひまわり畑の前にオープンした「空の青とひまわり畑」。
ちょっと西に行くと「魁力屋」、ちょっと南に行くと「MURAYAMAホープ」がある立地です。

都内で唯一駅の無い市である為か、個人店の新規オープンは少なく老舗店かロードサイドのチェーン店が多く感じていましたが、久しぶりに期待出来る個人店がオープンしたとの事で、行ってきました。

こちらは、「青葉八王子店」出身のご主人が、今年に入って休業されている「浜風食堂」を利用し、ランチタイムのみ営業するラーメン店として5月1日からプレオープンと言う形で営業開始し5月11日にグランドオープンしたお店。

5月28日9:40頃の到着でシャッターポール。
さすがにちょっと早く着き過ぎちゃいました。

f89be2f4
数年前の夏に撮ったひまわり畑

今はまだただの畑ですが、夏場はひまわりが綺麗に咲き誇る畑なので、ラーメンとセットで楽しむのも良いかもしれないですね♪

10:00定刻通りのオープン。

IMG_0006IMG_0009

店内はL字カウンター7席ほどのゆったりした空間で、木をふんだんに使った暖かみのある落ち着いた雰囲気。
カウンターにはパーティションが立てられ、席間も広く取られています。

入って正面に消毒用スプレーが用意され、入って右側に券売機があるので、そこで食券を買います。

IMG_0012IMG_0013
IMG_0014IMG_0018

メニューは、「醤油ラーメン」「塩ラーメン」、「白ご飯」「卵かけご飯」「地鶏の炊き込みご飯」「チャーシュー丼」。

今回は、「醤油ラーメン」をチョイス。

麺が「手揉み麺」と「ストレート麺」から選べるとの事なので、「手揉み麺」でお願いしました。

店内中程のテーブルに、お冷や・おしぼり・割り箸・レンゲが用意されていてセルフサービスとなっているので、待っている間に必要なものを取っておきます。

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0019
「醤油ラーメン」900円

IMG_0022

スープは、京都の地鶏「丹波黒どり」を使用したと言う清湯系の醤油味で無化調との事。

丹波黒どりの力なのかな?掃湯を思わすような感じのもので、スッキリしているのに濃縮したような力強い旨味が滲み出ていて、風味高く厚みのある醤油とやや多めに浮かべられた鶏油のコクと心地良いこってり感がバランス良く合わさっています。
これだけ旨味がしっかりしていると飽きがきそうなのに、後に残るしつこさみたいなのが無く無化調ならではスッキリした後味で、最後まで飽きる事無くふくよかな味わいを楽しめて凄く美味しい♪

IMG_0034IMG_0028
IMG_0029麺は、東京製麺の中太でしっかり手揉みされたもの。

うどん粉を合わせたというもので、喜多方風なポコポコした口当たりで、モチモチした弾力のある食感も楽しめて美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、メンマ、青菜、白髪ネギ、追加の味玉。

チャーシューは、薄切りの肩ロースが2枚。
低温調理っぽいけれどちょっと違った雰囲気も持っていて、肉の旨味がしっかり感じられて美味しい♪
振りかけられているのは山椒かな?風味は穏やかでよくわからないけれど、フッと爽やかな感じに。
もう一枚薄切りのチャーシューも入っていて、そちらもトロっと柔らか♪

味玉は、7割程度固まった半熟。
黄身の中心部がトロっととろけるような半熟感で、味付けは強すぎずに玉子自体の美味しさを楽しめるタイプ♪

メンマは、純国産糸島メンマを使用とのこと。
メンマ特有のにおいが一切無く凄くスッキリしていてシャキシャキした硬めな食感が楽しめて凄く美味しい♪ 

青菜は小松菜かな?フレッシュで風味豊かで美味しい♪


全体的な印象としては、素材の旨味を存分に楽しめる味わい深さとスッキリした後味の一杯で新店とは思えないクオリティの高さで凄く美味しかった♪

アクセスは良くないですが食べに行く価値のある美味しさなので、武蔵村山市を代表するようなお店になってもらいたいですね!

これから頑張ってください!


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
213杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都武蔵村山市学園3-39-3

営業時間:
10:00〜17:00

定休日:
水曜日
木曜日

IMG_0008駐車場:
店舗横2台
斜向かいに無料の市営駐車場有

公式HP:


Twitter:
空の青とひまわり畑

らーめん愉悦処 鏡花@立川市<醤油ラーメン+味玉>5

IMG_0002訪問日:
2021.2.6

メニュー:
醤油ラーメン(\1100)
味玉(サービス)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、立川駅南口から少し離れた所にある多摩地区を代表する人気店「鏡花」。

2月6日18:55頃の入店で店内満席。
入ってすぐのところに消毒用アルコールが用意されていて、店内は広くてゆったりした空間で席を間引いて間隔をしっかりと空けてあり、換気も良いのでコロナ対策はしっかりされています。

IMG_0005IMG_0007
IMG_0006IMG_0010
IMG_0003
メニューは、「醤油ラーメン」「塩ラーメン」「鶏白湯ラーメン」「つけ麺」「釜玉油そば」「汁なし担々麺」に「味玉」「のり」「バラのり」「野菜」「チャーシュー」「メンマ」のトッピング、9種の「ミニ丼」、「ライス」「卵かけご飯」、おつまみ、ドリンク類等。

今回は、「醤油ラーメン」をチョイス。

満席なのでしばしウェイティングスペースで。
殆ど待つ事無く席に着く事が出来ました。
麺の変更が可能なので、食券を渡す際に「細麺で」と伝え、特別会員証で「味玉」もお願いしました。

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0012
「醤油ラーメン」1100円「味玉」サービス

IMG_0015

透明感を残したスープは、鶏・豚・牛などの動物系をベースに魚介系を合わせた清湯系の醤油味。

スープと油が変わったようで、動物系の厚みが増してキレというよりは濃厚感に近い厚みのあるドッシリとした感じになり、ちょっと懐かしい雰囲気を感じさせながらも厚みと円みのある香り高い醤油の味と合わさった上質な味わいはしっかり「鏡花」らしいものとなっていて凄く美味しい♪

IMG_0021IMG_0018
IMG_0024麺は、三河屋製麺の細めのストレート。

全粒粉入りの卵麺でツルリとしなやかな啜り心地と風味高さのあるもので、スープもたっぷり持ちあげてくれて美味しい♪
ただ、厚みの出たスープだと、より手揉みの中太麺の方がマッチしていたかも!?

トッピングは、チャーシュー、メンマ、三つ葉、海苔、追加の味玉。

チャーシューは、大判の肩ロース。
しっとりした食感で噛むと肉の旨味がじわっと滲み出るような感じで美味しい♪

味玉は、7割程度固まった半熟。
トロっとした半熟感ながら、醤油の風味高いタレがしっかりと染みこんでいて美味しい♪

極太メンマの優しい甘味を感じる味わいや、三つ葉の風味も良い感じ♪


全体的な印象としては、クリアなキレのあるタイプから、重層的で濃厚な味わいの出汁感を楽しむ醤油ラーメンに変化したような印象で凄く美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
62杯目

前回の訪問:
2021.1.1

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都立川市柴崎町2-12-20

営業時間:
11:30〜15:00 17:30〜22:00
土日祝11:30〜22:00
※緊急事態宣言により〜20:00

定休日:


電話:
042-525-3371

駐車場:
近くにコインパーキング有

facebook:
鏡花

Twitter:
鏡花
記事検索
スポンサードリンク
プロフィール

ZATSU

ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
<a href="https://ramen.walkerplus.com/review/"target="_blank">ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー</a>

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
<a href="http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/archives/51514300.html"target="_blank">多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店</a>

↓メールはこちら↓
<a href="mailto:zatsu_ra@yahoo.co.jp">zatsu_ra@yahoo.co.jp</a>

ランキング
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ

くる天 人気ブログランキング

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



↑Clik here↑
ブログランキング

PR
カテゴリ
PR
PR
月別アーカイブ
Recent Comments
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
ラーメンWalker 2017

2016年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2017」
特集協力
ラーメンWalker 2016
2015年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2016」
特集協力、掲載されました
吉祥寺Walker
2015年夏
「吉祥寺Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2015
2014年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2015」
特集協力、掲載されました
府中Walker
2014年夏
「府中Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2014
2013年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2014」
特集協力、掲載されました
武蔵小金井Walker
ラーメンWalker 2013

2012年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2013 」
特集協力、掲載されました。
ラーメンWalker 2012


2011年冬
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2012 」
特集協力、掲載されました。
多摩本



2009秋
「多摩のラーメン JR編」
「多摩のラーメン 私鉄編」
執筆に参加。
絶賛発売中!!
立川Walker 2009
【送料無料】立川walker(2009)

【送料無料】立川walker(2009)
価格:880円(税込、送料込)



2008秋 
「立川ウォーカー2009」に掲載されました

↑このページのトップヘ