ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店

↓メールはこちら↓
zatsu_ra@yahoo.co.jp

ベジポタつけ麺

つけ麺 えん寺@自宅【お取り寄せ】<ベジポタつけ麺>4

7579e475実食日:
2020.12.6

メニュー:
ベジポタつけ麺(\900)

味:
動物魚介

コメント:
今日紹介するのは、「宅麺」による「えん寺」のお取り寄せラーメン。

今回お取り寄せしたメニューは、「ベジポタつけ麺」。

IMG_8636

パックに入った冷凍スープを湯煎して、冷凍麺を茹でるだけの簡単調理です。

IMG_8650
「ベジポタつけ麺」円

IMG_8653

つけ汁は、豚骨などの動物系白湯スープに魚介を合わせ、更に野菜ペーストをたっぷり合わせた醤油味。

ドロッとした高い粘度を持ったもので、その粘度に比例すような濃厚さが楽しめながらも油っぽい重さがが無いので食べ口は軽やかで、優しい甘味を感じる味わいで凄く美味しい♪

IMG_8641

かなり濃い茶色をした麺は、国産小麦の胚芽を練り込んだと言う極太ストレート。
前回「ベジポタ辛つけ麺」を食べた時には茹で汁が凄い色になったけれど今回はそんなでも無かった。
相変わらず強い風味と味わいを持ったもので、麺だけ食べても美味しい位しっかりした味を持っているので、濃厚なつけ汁に合わせても決して負けずに調和して凄く美味しい♪

IMG_8677IMG_8663
トッピングは、チャーシュー、メンマ、自前のほうれん草。

チャーシューは、大きくて厚みのあるバラ肉。
トロットロに柔らかくて肉の旨味もたっぷりで凄く美味しい♪

「えん寺」と言えば水菜が必須だけど、水菜が無いタイミングで食べたくなってしまったので、ほうれん草を彩りとして加えました。


全体的な印象としては、ドロドロなのに重くない濃厚なベジポタつけ麺で相変わらず凄く美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2020年何杯目?:
527杯目

前回の訪問:
2019.8.22

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1 南陽ビル1F

営業時間:
11:00〜22:00

定休日:


電話:
0422-44-5303

駐車場:
近くにコインパーキング有

HP:
宅麺

つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店@武蔵野市4

IMG_4298訪問日:
2019.8.22

メニュー:
ベジポタつけ麺(極太胚芽麺)(\800)

味:
動物魚介

コメント:
今日紹介するのは、吉祥寺駅南口からすぐの所にある「えん寺」。

吉祥寺屈指の人気店で常に行列が出来ているイメージですが、待ちが少なかったので6年ぶりに行ってきました。

8月22日21:45頃の入店で店内2人待ち。

IMG_4307IMG_4313
IMG_4316IMG_4319

メニューは、「ベジポタつけ麺」「ベジポタ味玉入りつけ麺」「ベジポタ肉入りつけ麺」「ベジポタ味玉・肉入りつけ麺」、「ベジポタ辛つけ麺」「ベジポタ味玉入り辛つけ麺」「ベジポタ肉入り辛つけ麺」「ベジポタ味玉・肉入り辛つけ麺」のみ。

いずれかのつけ麺を選んだ後に、中段にある「極太胚芽麺」「極太もちもち麺」「国産小麦太麺」の3種の麺から選択し、更に麺量を増やしたい方は最下部のボタンを押すスタイルになっています。

今回は久しぶりなので、「ベジポタつけ麺」の「極太胚芽麺」をチョイス。

5分程で席に着く事が出来、15分ほどしてつけ麺が出てきたので、早速いただきます。

IMG_4322
「ベジポタつけ麺(胚芽麺)」800円

IMG_4337

つけ汁は、豚骨などの動物系白湯スープに魚介を合わせ、更に野菜ペーストをたっぷり合わせた醤油味。

ドロッとした高い粘度を持ったもので、沢山の具材が溶け込んでいる感じはあるけれどザラつきは無く滑らかな口当たり。
粘度に比例するようなかなりの濃厚さがありながらも重さが無く、強めの旨味と優しい甘味が感じられるバランスの良い味わいで凄く美味しい♪
つけ汁がかなり少ない感じですが、足りない場合は足してもらう事も出来るようですね。

IMG_4331

かなり濃い茶色をした麺は、国産小麦の胚芽を練り込んだと言う極太ストレート。

コシって意味では弱いけれど硬めな茹で加減なので食感的には物足り無い感じは無く、それ以上に風味の高さと強い味わいが感じられるもので、つけ汁を少し浸けるだけでも十分な味を楽しめる美味しさ♪
パッと見はかなり麺量がある感じですが、ザルによる上げ底になっているので、ボリューム的には然程多くはありません。

IMG_4364IMG_4352
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、ネギ、柚子皮、海苔。

チャーシューは、バラ肉をぶつ切りにした感じのもの。
つけ汁に入っているチャーシューって存在感が薄い事が多いけれど、これは小切りながらもゴロっとした大きさがありトロッととろけるような柔らかさとたっぷりな旨味が楽しめるもので美味しい♪

水菜は細かく刻んであるので嫌みが無く、メンマに柚子皮がついていたのか、メンマを食べるとふわっと柚子の風味がしてスッキリと口の中をリセットしてくれて凄く良い感じ♪


全体的な印象としては、ベジポタのパイオニア的存在のお店だけど、未だに色褪せない味わいのもので凄く美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2019年何杯目?:
293杯目

前回の訪問:
2013.1.18

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1 南陽ビル1F

営業時間:
11:00〜22:00

定休日:


電話:
0422-44-5303

駐車場:
近くにコインパーキング有

つけ麺 えん寺 吉祥寺店@武蔵野市4

えん寺メニュー:
ベジポタつけ麺(大盛・胚芽麺)(\800)

味:
動物魚介醤油

コメント:
今日は、吉祥寺駅南口からすぐの所にある「えん寺」へ。

ホントは「武蔵家」にでも行こうかと思っていたんだけど、ちょっと「えん寺」を覗いてみたら、いつもある行列が無かったので思わず入っちゃいました。

ここは、オープン初日に来た以来だから3年ぶり位になるかな。

13:45入店で店内満席。
ちょっと待つかと思ったけど、タイミング良く席が空いたので待たずに済みました(^^)

メニュー麺

メニューは、「ベジポタつけ麺」「ベジポタ味玉入りつけ麺」「ベジポタ肉入りつけ麺」「ベジポタ味玉・肉入りつけ麺」、「ベジポタ辛つけ麺」「ベジポタ味玉入り辛つけ麺」「ベジポタ肉入り辛つけ麺」「ベジポタ味玉・肉入り辛つけ麺」のみ。

いずれかのつけ麺を選んだ後に、中段にある「極太胚芽麺」「極太もちもち麺」「国産小麦太麺」の3種の麺から選択し、更に麺量を増やしたい方は最下部のボタンを押すスタイルになっています。

今日は、「ベジポタつけ麺」「極太胚芽麺」「大盛(1.5玉)」をチョイス。

お知らせ薀蓄

【茹で時間が多少かかります】と書いてある通り、待ち時間はちょっと長め。

寒いせいか「あつもりにして下さい」って声が結構聞こえてきますね。

15分ほどしてつけ麺が出てきたので、早速いただきます。

つけめん
「ベジポタつけ麺(大盛・胚芽麺)」800円

麺の量が凄く多そうだなぁって思ったんだけど、最初からザルを敷いて底上げされているんですね。

汁

つけ汁は、豚骨などの動物系白湯スープに魚介を合わせ、更に野菜ペーストをたっぷり合わせた醤油味。

ドロリとした高い粘度を持っているんだけど脂っこい重さとかは一切無く、魚介豚骨どちらが突出するでも無く、良い感じのバランス♪
オープンの時は、かなり味が濃い感じだったんだけど、味付けも優しい感じで甘味のキツさも無くて凄く美味しい(^^)

ただ、粘度が高く量が少なめなので麺を上手く浸けていかないとつけ汁が足りなくなっちゃうかも!?

麺
麺
かなり濃い茶色をした麺は、国産小麦の胚芽を練り込んだと言う極太ストレート。

小麦の風味が強く味もしっかりしていて凄く美味しく、濃厚なつけ汁に浸けても負けない強さを持っています。
「コシが強い」って書いてあったけど、コシって感じでは無く硬めな茹で加減でガッシリした食感て感じかな?

つけ汁がかなり絡んでくるので、ちょこんと浸けながら食べないと本当に足りなくなります(笑)
でも、つけ汁が少なくても麺の味がしっかりしているので全く問題ない感じ。

チャーシュー
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、ネギ、柚子皮、海苔。

チャーシューは、薄切りのバラ肉が2枚。

トロッと柔らかく、つけ汁の味が良い感じに染みていて美味しい。

メンマは、コリコリと硬めな食感。
所々、焦げ目が付いているのが印象的。

水菜は細かく刻まれているのでクセが少なく、シャキシャキな食感を楽しむ事が出来ます。

時折入ってくる柚子皮が、清涼的な柑橘の香で口の中をスッキリさせてくれます。


唐辛子

途中で、卓上の七味唐辛子を振りかけて食べてみたんだけどこれが凄く良い。
つけ汁無しでもイケちゃう感じ(^^)


麺を食べ終えたら卓上のポットでスープ割を。

サバや鰹などの節系を中心とした感じの魚介がしっかりと出た清湯スープで、これだけ飲んでも美味しいくらい♪

これをレンゲに2〜3杯くらい入れて、美味しくいただきました(^^)


全体的な印象としては、ドロドロとした濃厚さがありながらも味のキツさが無く、味わいのある美味しい麺と合わさったハイレベルなつけ麺で大満足でした(^.^)


ご馳走様でした。


今年何杯目?:
16杯目

前回の訪問:
2010.2.22

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1 南陽ビル1F

営業時間:
11:00〜16:00 17:30〜22:00
土日祝11:00〜22:00

定休日:


電話:
0422-44-5303

駐車場:
近くにコインパーキング有

記事検索
スポンサードリンク
プロフィール

ZATSU

ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
<a href="https://ramen.walkerplus.com/review/"target="_blank">ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー</a>

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
<a href="http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/archives/51514300.html"target="_blank">多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店</a>

↓メールはこちら↓
<a href="mailto:zatsu_ra@yahoo.co.jp">zatsu_ra@yahoo.co.jp</a>

ランキング
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ

くる天 人気ブログランキング

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



↑Clik here↑
ブログランキング

PR
カテゴリ
PR
PR
月別アーカイブ
Recent Comments
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
ラーメンWalker 2017

2016年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2017」
特集協力
ラーメンWalker 2016
2015年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2016」
特集協力、掲載されました
吉祥寺Walker
2015年夏
「吉祥寺Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2015
2014年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2015」
特集協力、掲載されました
府中Walker
2014年夏
「府中Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2014
2013年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2014」
特集協力、掲載されました
武蔵小金井Walker
ラーメンWalker 2013

2012年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2013 」
特集協力、掲載されました。
ラーメンWalker 2012


2011年冬
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2012 」
特集協力、掲載されました。
多摩本



2009秋
「多摩のラーメン JR編」
「多摩のラーメン 私鉄編」
執筆に参加。
絶賛発売中!!
立川Walker 2009
【送料無料】立川walker(2009)

【送料無料】立川walker(2009)
価格:880円(税込、送料込)



2008秋 
「立川ウォーカー2009」に掲載されました

↑このページのトップヘ