ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店

↓メールはこちら↓
zatsu_ra@yahoo.co.jp

東大和市

らーめん 油そば 雄縁 〜yu-en〜@東大和市【2023新店】<らーめん>4

IMG_9746_edited
訪問日:
2023.10.27

メニュー:
らーめん(\850)

味:
豚骨醤油

コメント:
今日紹介するのは、多摩都市モノレール「桜街道」駅からすぐの所6月末に閉店してしまった「マンシュウぎょうざ満北亭」跡地にオープンした「雄縁」。

ここは、東中神の人気店「思道」の2号店で、店主の大ちゃんと同級生で「思道」のお手伝いもしていた雄大さんが店長を務めるお店として10月21日にオープンしました。
X(旧Twitter)で「思道」の大ちゃんと「雄縁」の雄大さんの詳しい紹介文を書かれている方がいらっしゃったので、是非見てみて下さい。
「らーめん 雄縁10/21(土)OPEN」 りょーた@bellryo0211

IMG_9748
10月27日11:10頃の到着で外待ち2人。

オープン前に着く予定が付近のコインパーキングが満車ばかりで空いているパーキングを探すのに一苦労で、時間をとられてしまい出遅れてしまいました(^^;)

オープン初日から大盛況で行列と言う話を聞いていて数日経って少し落ち着いてからと思っていましたが、まだまだ混雑は続きそうですね。

入り口前にウェイティングスペースが用意されているので、そちらで順番に並び、声がかかったら食券を購入して席に着くスタイルとなっています。

20分程して入店する事が出来ました。

店内は、L字カウンター11席のゆったりした空間で、「満北亭」の居抜きっぽい感じではあるけれど、かなり綺麗に磨かれていて開放感がある明るい雰囲気。
「思道」の店主大ちゃんも来ていて二人とも明るい接客で活気があります。

入ってすぐ左側に券売機があるので、そこで食券を買います。

F8tnUdrbMAA_dJI
IMG_9753
IMG_9754
メニューは、「らーめん」「チャーシュー麺」「油そば」に「味玉」「海苔5枚」「岩のり」「メンマ」「チャーシュー4枚」「九条ネギ」のトッピング、「ライス」「ビール」「ハイボール」「オロポ」など。

今回は、基本の「らーめん(160g)」をチョイス。

しばらくしてラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_9756
「らーめん」850円

IMG_9760

茶濁したスープは、豚骨などの動物系白湯スープをベースにした醤油味。

モミジ由来かな?ポッテリした粘度の高さがあるもので、唇がペタペタするようなかなりの濃厚感がありながらも重過ぎずに軽やかさがあり、このタイプとしては味も強すぎないので、最後まで飽きずにグイグイいける感じのバランス感で凄く美味しい♪

IMG_9765
麺は、麻生製麺の中太で少し縮れた感じのもの。

適度な茹で加減で少しモソッとした感じの食感があり、スープの粘度が高いのでしっかりと麺に絡みついてきて美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、メンマ、バラ海苔、青ネギ、ナルト。

IMG_9761
チャーシューは、適度な厚みで長さのあるバラ肉。
トロッとした柔らかさで脂身の甘味と旨味が感じられるもので美味しい♪

たっぷり入ったバラ海苔が旨味とともに磯の風味も加味してくれて、これがまた濃厚スープを少しスッキリした感じにしてくれて凄く良い感じ♪

IMG_9766
スープを飲み干すと丼の底には「サ」の文字が書かれていて、何を意味するのかと聞いてみたところ、サウナが好きでサウナの「サ」を描いたとの事(笑)


全体的な印象としては、濃厚なんだけど飽きさせない工夫がされた食べやすい濃厚豚骨醤油ラーメンで凄く美味しかった♪

「思道」もそうだけど、ラーメンの味だけで無く人柄に惹かれてファンになるお客さんも多そうな感じがしますね!

これから地元の方に愛されるお店になるよう頑張って下さい!


ご馳走様でした♪


2023年何杯目?:
526杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都東大和市上北台3-470-4

営業時間:
11:00〜15:30 17:00〜22:00

定休日:
10月中は無

駐車場:
近くにコインパーキングあり

SNS:
らーめん雄縁 ゆーだい

中華そば 青葉 東大和店@東大和市<特製中華そば>3

IMG_0096
訪問日:
2023.5.6

メニュー:
特製中華そば(\1080)

味:
動物魚介

コメント:
今日紹介するのは、東大和市駅から離れた新青梅街道沿い「清水五丁目」交差点にある「青葉」。

5月6日22:10頃の入店で先客は無し。その後続々とお客さんが入ってきたので、かなり良いタイミングだったかも!?

IMG_0099
IMG_0102
IMG_0103

メニューは、「中華そば」「特製中華そば」に各「大盛」、「つけめん」「特製つけめん」に各「大盛」「特盛」。

今回「特製中華そば」をチョイス。

程なくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0105
「特製中華そば」1080円

IMG_0114

スープは、豚骨等の動物系をベースに魚介を合わせた醤油味。

奥に動物系の味があるんだけどどかなりライトな感じで、煮干しなど魚介がかなり強めに出てちょっとエグミを感じるバランス感で、なんかちょっと違うかな?って印象ではあるけれど、豊かな魚介風味が楽しめて美味しい。

IMG_0120
麺は、中細で軽くウェーブがかかったもの。

硬めな茹で加減で、プリッとした強い弾力のある食感でスープとのマッチングも上々で美味しい。

「特製」のトッピングは、チャーシュー3枚、味玉、メンマ、青ネギ、海苔。

IMG_0116
チャーシューは、適度な厚みと大きさを持った肩ロース。
ホロリとした柔らかさで香ばしい風味とたっぷりな旨味が感じられ、上からかけられたブラックペッパーがアクセントとなっていて美味しい♪

IMG_0118
味玉は、8割方固まった半熟。
タレの味が程よく染みこんでいて良い感じ。


全体的な印象としては、気のせいか風味やコクなど若干弱いかな?って印象はあったものの、青葉らしい魚介風味を楽しめる一杯で美味しかった。


ご馳走様でした。


2023年何杯目?:
224杯目

前回の訪問:
2020.6.25

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都東大和市清水6-1096-3

営業時間:
10:00〜23:00

定休日:


電話:
042-564-0003

駐車場:
多数有

公式HP:
中華そば青葉

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 東大和店@東大和市【2023新店】<天然とんこつラーメンラーメン+オスカランの酸味+替玉>3

IMG_0085 (3)_edited_edited
訪問日:
2023.5.25

メニュー:
天然とんこつラーメン(\980)
オスカランの酸味(引換券)
替玉(引換券)

味:
豚骨

コメント:
今日紹介するのは、武蔵大和駅から離れた新青梅街道沿い「青葉」の並びにオープンした「一蘭」。

ここは、豚骨ラーメンの本場福岡に本店を置き全国にチェーン展開を拡げる「一蘭」の同名支店で東京で初めてのロードサイド型店舗として5月23日にオープンしたお店。
味だけで無く「味集中カウンター」や「オーダーシート」などでも有名なお店です。

5月25日21:15到着で駐車場の空き待ち。
5分程で駐める事が出来ました。

IMG_0088
21:20頃で外待ち6人。
5分程で入店することが出来ましたが、店内でも7人待ちの状態。

入って右側にタッチパネル式の券売機が2機あるので、食券を購入して列に並びます。

IMG_0090
IMG_0105
メニューは、「天然とんこつラーメン」に「半熟塩ゆでたまご」「煮込みチャーシュー皿」「追加チャーシュー」「追加ねぎ」「きくらげ」「追加にんにく」「のり」「オスカランの酸味」のトッピング、「ごはん」、「抹茶杏仁豆腐」、ドリンク類など。

今回は、「ラーメン」をチョイス。

IMG_0095_edited_edited
店内は、テーブル席が5卓程と一文字の味集中カウンター9席が2列。
テーブル席の方は普通のラーメン屋さんと変わらない感じで、一蘭のイメージと違って何だか不思議な感じ。
店員さんも行列対応で丁寧な接客をしてくれるんだけど、そもそも一蘭では明るい場所で対面の接客が普段は無いので、これもまた不思議な感覚(笑)

IMG_0099
待っている間にオーダー用紙を記入しておきます。
今回は「味の濃さ:基本」「こってり度:基本」「にんにく:基本」「ねぎ:青ねぎ」「チャーシュー:あり」「秘伝のたれ:2倍」「麺のかたさ:基本」で。

IMG_0111
更に20分ほどして席に着くことができたので、食券と共にオーダー用紙を渡します。
また、アプリで「オスカランの酸味」の引換券があったので、そちらもお願いしました。

10分ほどしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0120
「天然とんこつラーメン」980円

IMG_0128

白濁したスープは、臭みの無い白湯豚骨。

サラッとした口当たりのライトな豚骨でイメージの中にあったものよりも甘味が控えめな印象ながらコクと旨味はたっぷりで相変わらず美味しい♪

IMG_0133
秘伝のタレを溶かし込むと、刺激的な辛みに加え、旨味やコクもアップする感じで、2倍にしたのでかなり良いバランス!

IMG_0134
麺は、博多系の極細ストレート。

少しもちっとした粘りを感じる食感で、小麦の良い風味が感じられて凄く美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、青ネギ。

IMG_0130
チャーシューは、薄切りで小ぶりなものが2枚。
しっとりした食感の中に甘味と旨味たっぷりな味わいを楽しめるもので美味しい。

麺を2/3程食べたところで「替玉(かため)」をアプリ引換券で注文。

IMG_0140
「替玉」アプリ引換券

「替玉」は、小丼で提供され底に少しタレが敷かれています。
これを残ったスープに投入。
「かため」でお願いすると一気に「バリカタ」に近いような硬さになり、粉感は強くなるけれどスープとの馴染みなどを考えるとデフォルトの方が良いかな?って気も。

IMG_0124
「オスカランの酸味」アプリ引換券

「オスカランの酸味」は、黒酢をベースにしたオリジナルのお酢で、以前食べた時はツンとしたキツい酸味があった印象だったけれど、今回は寧ろ甘味を引き立て爽やかな風味を与えてくれて凄く良い感じ♪


全体的な印象としては、クセの無い食べやすい豚骨ラーメンで美味しかった♪
24時間営業だったらもっと使い勝手が良かったんだけど、そこは仕方ないかな。

これから頑張って下さい!


ご馳走様でした♪


2023年何杯目?:
256杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都東大和市清水6-1108-1

電話:
042-842-8981

営業時間:
10:00〜23:00

定休日:


駐車場:
22台

公式HP:
天然とんこつラーメン専門店 一蘭


四季彩 麺匠和蔵 東大和店@東大和市<くせもの>3

IMG_0065_edited
訪問日:
2023.4.15

メニュー:
くせもの(\950)

味:
豚骨醤油

コメント:
今日紹介するのは、東大和市駅から程近い所にある「和蔵」。

系列店は行っているけれど、この店舗はオープン当初に行った以来ちょうど10年ぶりの訪問になります。

4月15日19:45頃の入店で先客は1人。
タイミングが良かったのかその後続々とお客さんが入ってきました。

居酒屋っぽい騒がしいイメージであまり足が向かなかったけれど、雰囲気が変わったのかたまたまなのか、カップルや家族連れで入ってくるお客様が多く和やかな雰囲気で、店長さんかな?店員さんの応対もやわかく優しい感じで居心地が良いですね♪

IMG_0078
IMG_0080
IMG_0075
メニューは、「くせもの」「魚介豚骨ラーメン(赤・黒・赤玉)」「海老豚骨ラーメン(赤・黒・赤玉)」「濃厚味噌ラーメン(赤・黒・赤玉)」「芳醇醤油ラーメン」「背脂芳醇醤油ラーメン」「和蔵油そば(赤・黒・赤玉)」「和蔵辛つけ麺」「魚介豚骨つけ麺」「海老豚骨つけ麺」「濃こく豚骨つけ麺」に各種トッピング、ご飯物、一品料理、ドリンク類など。

今回は、未食の「くせもの」を注文。
会計は後会計でカードやバーコード決済などキャッシュレスにも対応しています。
ニンニクが凄いようなので、「ニンニク控えめにしてもらえますか?」と聞いてみると「半分位で良いですか?」と応えてくれたので、それでお願いする事に。

しばらくしてお盆にのせられたラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0081
「くせもの」950円

IMG_0100_edited

IMG_0085

二郎インスパイア系を思わす山盛りのビジュアルでふね!

IMG_0096
熱々のスープは、豚骨などの動物系白湯をベースにした醤油味で、表面には細かな背脂がたっぷり浮かべられています。

トロンとしたとろみを感じる粘度の高いもので、まったりした少しクリーミーさにも似た濃厚さのある白湯スープに溶け込むように黒に近い濃い口の醤油ダレが合わさっていて、細かな背脂もたっぷり浮かべられていてこってり感もあります。
そこにたっぷりの刻みニンニクが合わさってガツンとしたパンチとジャンクさをもたせつつ円やかな味わいに仕上がっていて美味しい♪

IMG_0105
麺は、菅野製麺の中太ストレート。

硬めな茹で加減でムチムチした強めな弾力が感じられ、スープをたっぷり纏って黒っぽく色づいて味が染みこんでいて美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、もやし、刻みニンニク、青ネギ。

IMG_0088
チャーシューは、大判の肩ロース。
適度な噛み応えのある食感で、タレの味がしっかり染みこんでいて美味しい。

IMG_0091
山盛りのもやしはシャキシャキした茹で加減で、味付けはされていないのでスープに浸しながら食べると良い感じに♪


全体的な印象としては、トロンとしたとろみのある濃厚でマイルドな豚骨醤油に山盛りもやしとニンニクがたっぷりトッピングされたガッツリ系の一杯で美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2023年何杯目?:
183杯目

前回の訪問:
2013.4.14

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都東大和市南街4-20-6

営業時間:
18:00〜翌2:00
金土18:00〜翌3:00

定休日:
日曜日

電話:
042-507-5321

駐車場:
近くにコインパーキング有

記事検索
スポンサーリンク
プロフィール

ZATSU

ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
<a href="https://ramen.walkerplus.com/review/"target="_blank">ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー</a>

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
<a href="http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/archives/51514300.html"target="_blank">多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店</a>

↓メールはこちら↓
<a href="mailto:zatsu_ra@yahoo.co.jp">zatsu_ra@yahoo.co.jp</a>

ランキング
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ

くる天 人気ブログランキング



↑Clik here↑
ブログランキング

PR
カテゴリ
PR
PR
月別アーカイブ
Recent Comments
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
ラーメンWalker 2017

2016年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2017」
特集協力
ラーメンWalker 2016
2015年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2016」
特集協力、掲載されました
吉祥寺Walker
2015年夏
「吉祥寺Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2015
2014年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2015」
特集協力、掲載されました
府中Walker
2014年夏
「府中Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2014
2013年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2014」
特集協力、掲載されました
武蔵小金井Walker
ラーメンWalker 2013

2012年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2013 」
特集協力、掲載されました。
ラーメンWalker 2012


2011年冬
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2012 」
特集協力、掲載されました。
多摩本



2009秋
「多摩のラーメン JR編」
「多摩のラーメン 私鉄編」
執筆に参加。
絶賛発売中!!
立川Walker 2009
【送料無料】立川walker(2009)

【送料無料】立川walker(2009)
価格:880円(税込、送料込)



2008秋 
「立川ウォーカー2009」に掲載されました

↑このページのトップヘ