ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店

↓メールはこちら↓
zatsu_ra@yahoo.co.jp

二郎系(インスパイア含む)

らーめん 男盛@青梅市<らーめん小+味玉>4

IMG_0002訪問日:
2021.3.19

メニュー:
らーめん小(\850)
味玉(駐車券サービス)

味:
豚骨醤油

コメント:
今日紹介するのは、河辺駅から少し歩いた奥多摩街道沿いにある「男盛」。

3月19日12:30頃の入店で先客は無し。
券売機横には消毒用スプレーが置かれ、カウンター席は間引いてパーティションをつけ、換気もしっかりされています。

IMG_0005IMG_0003
IMG_0007IMG_0006
メニューは、「らーめん」「最強油麺」「つけ麺」に各種トッピング、「味噌ラーメン変身」「激辛味噌ラーメン変身」「ライス」「アブライス」「豚玉丼」、ドリンク類等。

今回は、キャッシュレス決済で「らーめん小」を「ヤサイアブラちょいマシ」で注文。
駐車券で提示でトッピングサービスもあるので、「味玉」をお願いしました。

相変わらず親しみ易い雰囲気の接客が良いですね♪

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0009
「らーめん小」850円「味玉」サービス

IMG_0018

爆盛ではないけれど、中々良い感じの山盛り♪

IMG_0016
IMG_0019
先ずはたっぷり盛られた野菜からいただいていきます。

野菜は、ボイルしたキャベツともやしが1:9位の割合。
適度なシャキシャキ感を楽しめる食感で、たっぷりかけられた味付け背脂と合わせて食べるとこってり感と旨味と風味が合わさって凄く美味しい♪

野菜をある程度食べたところで、麺と野菜の位置を入れ替えるようにクルリと天地返ししてスープと麺を頂いていきます。

スープは、豚骨等の動物系白湯スープをベースにした感じの醤油味。

豚骨の風味を感じられ、軽く乳化していてまったり感がありながらもマイルド過ぎずに濃いめな醤油感がビシッと合わさり、そこに層を成すほどにたっぷり浮かべられた油とコロコロした固形の背脂が合わさる事で強いこってり感と旨味が加味されて病みつきになる美味しさ!

IMG_0025IMG_0021
IMG_0023麺は、菅野製麺の極太で少しうねった感じのもの。

表面はツルッとして口当たり滑らかなもので、ブルンと跳ねるような強い弾力を感じる面白い食感を楽しめ、スープとマッチした味わいで美味しい♪
「小」の麺量は200gとボリュームたっぷりだけど多すぎない感じで良い感じ♪

トッピングは、チャーシュー、キャベツ、もやし、背脂、追加の味玉。

チャーシューは、小ぶりながら分厚くカットされたバラロールが2枚。
トロリホロリとした柔らかさで、味付けも良く旨味たっぷりで凄く美味しい♪
チャーシューは来る度に割と変化がある感じだけど、ここ数回の中では一番好みのタイプ!

味玉は、7割方固まった半熟。
ネットリとゼリー状になって濃厚な味わいの黄身にタレの味が良い感じに染みこんでいて凄く美味しい♪


全体的な印象としては、しっかりした豚骨の味わいと風味を楽しめる濃厚なスープにブルンとした特徴的な極太麺が合わさったガッツリ系ラーメンで凄く美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
120杯目

前回の訪問:
2021.2.5

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都青梅市河辺6-3-3

電話:
0428-84-2880

営業時間:
11:30〜14:00 17:30〜21:30
日祝11:30〜14:00
※Lo.各15分前、材料切れ終了
※時短要請により営業時間が変更されている可能性があります。

定休日:
月曜日

駐車場:
近くにコインパーキング有

Facebook:
らーめん男盛

Twitter:
らーめん男盛


ラーメン二郎 仙川店@調布市<ラーメン(豚なし)>4

IMG_0035訪問日:
2021.3.27

メニュー:
ラーメン(豚なし)(\600)

味:
豚骨醤油

コメント:
今日紹介するのは、仙川駅から程近い場所にある「ラーメン二郎 仙川店」。

二郎は好きでちょこちょこ色んな店舗に行っているけれど、この仙川店は12年ぶり!

3月27日20:10頃の到着で外待ち1人。
食券を買ってから外待ち列につくスタイルなので、まずは食券を。
入り口には消毒用スプレーが置かれています。

IMG_0039IMG_0037
IMG_0038メニューは、「麺少なめ」「ラーメン」「豚入りラーメン」「大盛ラーメン」「大盛豚入りラーメン」「持ち帰り」。
券売機の前に立つと「豚がないので、『豚なしラーメン』でも良いですか?」と店主さんの声が。
ちょっと残念だけど、せっかくなので豚なしでも良いかと「ラーメン」をチョイス。

殆ど待たずに入店する事が出来ました。
「豚なし」だと、100円キャッシュバックされるんですね。

「ニンニク」「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」の無料トッピングが用意されていて、提供直前に「ニンニク入れますか?」と聞いてくれるので、そこで好みのトッピングを伝えます。

しばらくして「ニンニクいれますか?」と声がかかったので、「ニンニク少なめヤサイアブラ」とコール。

程なくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0041
「ラーメン(豚なし)」600円

IMG_0047

IMG_0042

標高は然程高くないけれど、しっかり野菜の山が出来ていて、上からコロコロした粗めの背脂がたっぷりかけられています。

野菜はキャベツともやしが2:8位の割合で、かなりクタクタな茹で加減。
煮すぎた鍋の野菜っぽい雰囲気なんだけど、これが妙に美味しくコリコリしたもやしの食感も良い感じ。

野菜をある程度食べると、もう麺が顔を出してきました!
野菜が多くないって言うのもあるけれど、麺量がかなり多く見えるのは気のせい!?

IMG_0051IMG_0049

スープは、豚をベースにした醤油味。
黒い色付きだけど味はキツくなく穏やかで強めの旨味でグイグイ引きつきる力強さがあり、背脂のコクとこってり感が合わさって美味しい♪

くすんだ色づきの麺は、自家製の平打ち風太ストレート。

低加水タイプで粉感を存分に楽しめるもので、食べ始めはかためなワシワシした食感ながら食べ進めるに連れスープを吸って食感がや味わいが少しずつ変化していくのも面白く、スープとのマッチングも良くて凄く美味しい♪
麺量はかなり多い印象で、400g位あるんじゃないか?って位のボリューム感!

トッピングは、キャベツ、もやし、背脂、刻みニンニク。

やっぱり豚が全く無いのは寂しいですね(^^;)
ニンニクは少量ながらもガツンとしたパンチと旨味を与えてくれます。


全体的な印象としては、優しい味わいの中の強い旨みを感じるスープに、味わいのしっかりした麺が主役となったガッツリ系ラーメンで美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
134杯目

前回の訪問:
2009.4.25

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都調布市仙川町1-10-17

電話:
03-3326-0311

営業時間:
17:00〜21:00
※売り切れ次第終了

定休日:
日曜日
祝日

駐車場:
少し離れた所にコインパーキング有

Twitter:
ラーメン二郎仙川店

ラーメンの店どでん@自宅【お取り寄せ】 <油そば>3

どでn実食日:
2021.1.1

メニュー:
油そば(\1000)

味:
豚骨醤油

コメント:
今日紹介するのは、「宅麺」による「どでん」のお取り寄せラーメン。

この「どでん」は、埼玉県屈指の人気を誇るガッツリ系のお店。

今回お取り寄せしたメニューは、「ラーメン」。

IMG_0063

パックに入った冷凍スープを湯煎して、冷凍麺を茹でるだけの簡単調理です。

IMG_0067
「ラーメン」1050円

IMG_0070

先ずは山盛りの野菜から頂いていきます、

IMG_0077野菜は、キャベツともやしが半々位の割合で硬めな茹で加減。
野菜の山の頂にはたっぷりの背脂とあられや刻み海苔が振りかけてあります。
トロトロの背脂と野菜との相性は言わずもがなで、あられなどのふりかけも風味のアクセントがついて良い感じ。

野菜をある程度食べたところで、麺と野菜の位置を替えるようにクルリと天地返しして麺を頂いていきます。

タレは、醤油ベースで背脂たっぷりなもの。
タレの味自体は強くなく背脂の存在感が強く、その背脂のコクと旨味が味の主軸となっていて美味しいんだけど、背脂大好きな自分でもちょっと重く感じる位のこってり感があります。

IMG_0083IMG_0076
麺は、自家製の極太で平打ち風の縦切りタイプのもの。

かなり強い粉感を楽しめるものでムチムチワシワシとした食感が楽しめ、過去食べたお取り寄せ系の中でも一番のボリューム!麺量350gと兎に角これでもかって位に麺を堪能する事が出来ます。

トッピングは、チャーシュー、味付き背脂、あられ、刻み海苔、自前のキャベツともやし。

チャーシューは、分厚くて大きなウデ肉っぽいもの。
ホロリとした柔らかさで濃いめな味付けと肉の旨味とが融合して美味しい♪

あられや海苔の風味は他の二郎系とは違った風味を楽しませてくれます。


全体的な印象としては、ちょっと脂が強すぎるかな?って印象もあったけれど、背脂をこれでもかって位に堪能出来るガッツリ系のまぜそばで美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2020年何杯目?:
3杯目

禁煙状況:


所在:
埼玉県さいたま市緑区三室1207-4

営業時間:
18:00〜24:00
土日祝11:00〜14:00 18:00〜24:00

定休日:


Twitter:
ラーメンの店どでん北浦和店

北海道 恵比寿@立川市【卒業間近】<極豚スタミナ利尻富士>4

IMG_0042訪問日:
2021.2.20

メニュー:
極豚スタミナ利尻富士(\850)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、立川駅南口からすぐのアレアレア2にあるラーメン集合施設「ラーメンスクエア」内にある「恵比寿」。

トライアウト優勝でラーメンスクエア出店を勝ち取り、2011年4月にオープンしたこのお店ですが、残念ながら3月26日を以て卒業してしまうとの事。
入れ替わりの激しい施設の中、10年間に渡り施設を支えてきたと言っても過言で無いお店だけに凄く残念ですが、札幌の方でお店をやる予定のようなので、そちらで頑張って貰いたいですね!

IMG_0050IMG_0046
IMG_0047IMG_0043
IMG_0044IMG_0051

メニューは、「北海道味噌」「焼き醤油」「塩」「北海道味噌バターコーン」「極豚スタミナ利尻富士」「北海道辛味噌」「北海道海老味噌」「北海道濃厚リッチチーズ味噌」、「濃厚魚介豚骨つけ麺」「辛味噌つけ麺」「海老味噌つけ麺」「ゆずつけ麺」に各種トッピング、「ザンギ」「ひとくち餃子」、ご飯物、セットメニュー等々。
期間限定で「北海道カレー味噌ラーメン」「濃厚味噌ラーメン」も提供されていました。

今回は、未食の「極豚スタミナ利尻富士」をチョイス。

2月20日18:10頃の入店で先客は6人。

店舗前にアルコールが用意され、カウンターやテーブルにはパーティションが立てられています。

こちらのメニューは、麺・モヤシ・アブラ・カラメ・ニンニクなどの量が選べるようで食券を渡す際に聞いてくれたので、今回は「麺大盛り・モヤシマシマシ・アブラマシ・ニンニク少なめ」でお願いしました。

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0052
「極豚スタミナ利尻富士」850円

IMG_0054

IMG_0061

北海道利尻島の利尻富士をイメージしたもので、思っていた以上に良い感じの山盛りでテンション上がります!

IMG_0060先ずは、山盛りの野菜からいただいていきます。
野菜は、ボイルしたモヤシのみで500gとの事。
かなり硬めな茹で加減で特徴的な歯応えがあります。
アブラマシにしたので上から味付け背脂がたっぷりかけらていて、この背脂と合わせて食べると凄く美味しい♪

モヤシをある程度食べたところで、麺を下から引っ張り出してモヤシと位置を替えるようにクルリと天地返しして麺とスープをいただいていきます。

醤油色したスープは、豚などライトな動物系をベースにした醤油味。

乳化度は低く透明感があり、背脂が溶け込んだ感じの濃い口な醤油味で、ガツンとしたニンニクのパンチを効かせた旨味たっぷりなもので美味しい♪

IMG_0067IMG_0059
IMG_0070麺は、四角い切り口の中太ストレート。

かなりしっかり茹でられているので、二郎系によくある極太のワシワシした感じとは全く違ったタイプで、麺の特性をしっかり引き出したモチモチした食感を楽しめるもので凄く美味しい♪
麺量は、大でも200gなので多すぎず、程よい満腹感が得られます。

トッピングは、チャーシュー、味玉、もやし、背脂。

チャーシューは、薄切りながら大きめなものが3枚。
しっとり感とトロッと感を併せ持ったもので、肉の旨味がしっかりしていて風味のクセも無くて美味しい♪

味玉はオマケしてくれたのかな?ありがとうございます♪
割ると少しだけ黄身が流れ出すような半熟感で美味しい♪


全体的な印象としては、見た目は二郎インスパイア系っぽい感じだけど、それとはまた違ったタイプの食べやすいジャンクでガッツリした味わいのラーメンで美味しかった♪


思えば10年前の試食会の時の印象はイマイチでまさかこんなに続くとは想像もつかないスタートでしたが、いつの間にか安定した良いお店に変わり、個人的にも総括のランキングにも度々ランクインするようになり、次第に当たり前のようにラースクに在るお店となっていました。
今、恵比寿が抜けたらラースク自体がどうなっちゃうんだろう?って若干心配だけど、10年間ラースクの主軸となって頑張ってくださり、ありがとうございました!
北海道に帰っても頑張ってください!


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
83杯目

前回の訪問:
2020.8.18

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都立川市柴崎町3-6-29アレアレア2 3F

営業時間:
11:00〜24:00(LO.23:30)
※緊急事態宣言により〜20:00(lo.19:30)

定休日:


電話:
042-528-0820

駐車場:
アレアレアビル有料駐車場有

公式HP:
ラーメンスクエア
Twitter:
北海道恵比寿
Facebook:
北海道恵比寿
記事検索
スポンサードリンク
プロフィール

ZATSU

ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
<a href="https://ramen.walkerplus.com/review/"target="_blank">ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー</a>

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
<a href="http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/archives/51514300.html"target="_blank">多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店</a>

↓メールはこちら↓
<a href="mailto:zatsu_ra@yahoo.co.jp">zatsu_ra@yahoo.co.jp</a>

ランキング
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ

くる天 人気ブログランキング

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



↑Clik here↑
ブログランキング

PR
カテゴリ
PR
PR
月別アーカイブ
Recent Comments
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
ラーメンWalker 2017

2016年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2017」
特集協力
ラーメンWalker 2016
2015年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2016」
特集協力、掲載されました
吉祥寺Walker
2015年夏
「吉祥寺Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2015
2014年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2015」
特集協力、掲載されました
府中Walker
2014年夏
「府中Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2014
2013年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2014」
特集協力、掲載されました
武蔵小金井Walker
ラーメンWalker 2013

2012年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2013 」
特集協力、掲載されました。
ラーメンWalker 2012


2011年冬
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2012 」
特集協力、掲載されました。
多摩本



2009秋
「多摩のラーメン JR編」
「多摩のラーメン 私鉄編」
執筆に参加。
絶賛発売中!!
立川Walker 2009
【送料無料】立川walker(2009)

【送料無料】立川walker(2009)
価格:880円(税込、送料込)



2008秋 
「立川ウォーカー2009」に掲載されました

↑このページのトップヘ