ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店

↓メールはこちら↓
zatsu_ra@yahoo.co.jp

八王子市

中華そば専門店 一六食堂@八王子市<チャーシュー中華そば>5

IMG_0070訪問日:
2021.9.11

メニュー:
チャーシュー中華そば(\1000)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、小宮駅から少し離れた所にある「一六食堂」。

9月11日19:20頃の入店で先客は無し。
券売機の横に消毒用スプレーが用意されていて、カウンターにはアクリルのパーティションが立てられています。

IMG_0074IMG_0072

メニューは、「中華そば」「味玉中華そば」「ワンタン中華そば」「チャーシュー中華そば」「中華そば全部のせ」「鶏油そば」「ワンタンスープ」に「大盛」「玉ねぎ増し」、「チャーシュー丼」「ライス」「クラフトビール」。

今回は、「チャーシュー中華そば」をチョイス。
麺が「中太ストレート」か「細縮れ」から選べ、食券を渡す際に聞いてくれるので「ストレート」でお願いしました。

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0078
「チャーシュー中華そば」1000円

IMG_0081

濃い醤油色したスープは、鶏などの動物系をベースに魚介を合わせた醤油味で無化調との事。

閉店間際の時間帯だからなのかな?清湯よりだけど出汁感が分厚くて下手な白湯よりも濃厚な鶏感を楽しめる感じで、そこにこれまた厚みのあるたまり醤油的な濃口の醤油が合わさって、力強い旨味を生み出していて凄く美味しい♪

IMG_0090IMG_0085
IMG_0088麺は、村上朝日の平打ち中細ストレート。

滑らかな口当たりで啜り心地が良くスープもたっぷり持ち上げてくれて、細めながらもコシのあるしっかりした食感を楽しめ味わい深さのある麺で凄く美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、ワンタン、刻み玉葱、三つ葉。

チャーシューは、薄切りながら大判なものが4枚。
バラも入っているのかな?低温調理でよく使われる肩ロースより脂身が多くその分旨も強く感じられ、個人的にはかなり好みのタイプで凄く美味しい♪

ワンタンは、山椒が入ったもので、辛味は無くフッと良い風味を感じさせてくれるアクセントのついたもので美味しい♪


全体的な印象としては、濃厚な鶏感と濃厚な醤油感とが見事に合致したスープで、麺やチャーシュー等もスープにしっかりマッチした一体感のある一杯でメチャクチャ美味しかった♪

ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
384杯目

前回の訪問:
2021.7.1

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都八王子市小宮町919-11

営業時間:
11:00〜15:00 17:00〜19:30

定休日:
月曜日

駐車場:
店舗裏3台
店舗東2台
店舗斜向かいも利用可との事

Twitter:
一六食堂

らーめん 楓@八王子市 <地鶏そば(醤油)>4

IMG_0002_edited訪問日:
2021.9.11

メニュー:
地鶏そば(醤油)(\830)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、八王子駅から離れた大和田町にある人気店「楓」。

9月11日18:15頃の入店で店内2人待ち。
店舗前には消毒用のスプレーが用意されていてカウンターにはアクリルのパーティションが立てられています。

IMG_0005IMG_0004
メニューは、「楓の中華そば」「塩煮干らーめん」「豚骨魚介らーめん」「辛豚骨魚介らーめん」「味噌らーめん」「辛味噌らーめん」「地鶏そば」「つけめん」「辛つけめん」に各種トッピング、「唐揚げ」、ご飯物、アルコール類など。
この日までの限定で「油淋鶏オンザ辛い冷やしらーめん」も提供されていました。

今回は、「地鶏そば」をチョイス。
こちらのメニューは、「塩」か「醤油」が選べるので、未食の「醤油」でお願いしました。

殆ど待つ事無く席に着く事ができ、25分程してラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_0012
「地鶏そば(醤油)」830円

IMG_0015

スープは、文字通り地鶏を使った清湯系の醤油味。

比内地鶏・黒さつま鶏・丹波黒どりの丸鶏とガラと真昆布に魚介も合わせたと言うもの。
以前食べた「塩」は出汁が主役だったけれど、この「醤油」は正に醤油が主役になっている感じで、ふくよかな鶏の旨味を感じさせつつ醤油の芳醇な風味や味わいを存分に楽しめる感じで凄く美味しい♪

IMG_0026IMG_0019
IMG_0022IMG_0029
麺は、自家製の全粒粉入りの細ストレート。

低加水でやや硬めに茹でられていて、風味豊かでスープもしっかり持ち上げ少しパツンとしたハリのある食感が楽しめるもので凄く美味しい♪

トッピングは、鴨チャーシュー、鶏チャーシュー、つくね、穂先メンマ、青ネギ。

鴨チャーシューは、低温調理されたロース。
肉々しい食感と旨味が楽しめ、鴨感はしっかりしているけれど、クセがないので鴨が得意じゃない人もいけるんじゃないか?って感じの味わいで美味しい♪

つくねは、鶏の旨味たっぷりで軟骨のコリコリ感も楽しめ、生姜風味が効いてスッキリした味わいで美味しい♪

鶏チャーシューは低温調理されたムネ肉で、こちらはあっさりした味わい。

細切りの九条ネギはビジュアル的にも綺麗で、辛味などのクセが無く優しい味わいで濃口な醤油スープとマッチします。


全体的な印象としては、塩と比べて出汁感は醤油の引き立て役に回っちゃう感じだけど、この醤油の味わいや風味高さを活かした中に感じる鶏の旨味を楽しめる一杯で凄く美味しく、個人的には醤油の方が好きだなぁ♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
382杯目

前回の訪問:
2021.4.16

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都八王子市大和田町5-10-1

営業時間:
11:00〜22:00
日11:00〜16:00
※時短要請により〜20:00

定休日:


電話:
042-646-6068

駐車場:
6台分

Twitter:
らーめん楓@八王子

麺や 樽座 小宮本店@八王子市<限定・黒味噌ラーメン+替え玉>4

IMG_0031訪問日:
2021.9.11

メニュー:
黒味噌ラーメン(\850)
替え玉(\150)

味:
味噌

コメント:
今日紹介するのは、小宮駅から少しの所にある「樽座」。

9月11日19:00頃の入店で先客は9人。
券売機横に消毒用アルコールが用意され、カウンター席は間引いてパーティションが立てられています。

IMG_0038IMG_0035
IMG_0032IMG_0040

メニューは、「味海老噌らーめん」「鰹醤油ラーメン」「海老味噌つけ麺」「鰹醤油つけ麺」「ガッツ麺」に「炙りチャーシュー」「味付玉子」「岩のり」「生卵」「やさい」「にんにく」等のトッピング、ご飯物、「餃子」、セットメニュー等。
テイクアウトメニューも用意されています。
期間限定で「黒味噌ラーメン」も提供されています。

今回は、「黒味噌ラーメン」を示す「限定麺」と「替え玉」をチョイス。

「替え玉はいつ出しますか?」と聞かれたので、「後で」とお願いしましたが、この後も噛み合わない感じで、何回も提供タイミングを聞かれ…慣れてないのかな?

しばらくしてラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_0046
「黒味噌ラーメン」850円

IMG_0047

白茶濁したスープは、豚骨などの動物系白湯スープをベースにした味噌味で、表面には黒マー油が浮かべられています。

結構濃いめな味で、マー油やフライドガーリックの芳ばしい風味の効いたガツンとした旨味を感じるパンチのある味に仕上がっています。
海老味噌はどちらかと言うと甘めでマイルドなのに対してこちらはビター感もあるシャープな仕上がりで印象が大分違って美味しい♪

IMG_0059IMG_0053

麺は、低加水の細ストレート。

博多麺的なタイプを硬めに茹でられているので、ザクザクした食感と粉感を楽しめスープもたっぷり持ち上げてくれて美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、キャベツ、メンマ、万能ネギ。

チャーシューは、適度な厚みと大きさを持ったバラロール。
とろっととろける柔らかさで表面は炙られて芳ばしさがあって美味しい♪

キャベツの存在が良く、黒マー油の風味とマッチして、ちょっと熊本ラーメンを食べているかのような感覚に。

麺を2/3程食べたところで「替え玉」を注文。

IMG_0063
「替え玉」150円

IMG_0067「替え玉」はお茶碗で提供され、タレも一緒に提供してくれます。

デフォルトの味が濃いめなのでタレを追加しなくても良いかな?と思ったけれど、ちょっと加えてみたら旨味がグッと上がったので、ちょっと加えるのは良いかも!
今度は卓上のすりゴマをたっぷり振りかけ、唐辛子を軽くかけるなど味変して美味しくいただきました。


全体的な印象としては、ちょっとしょっぱめではあったけれど、黒マー油の芳ばしさを楽しめるパンチの効いた味噌ラーメンで美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
383杯目

前回の訪問:
2021.7.1

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都八王子市小宮町941-1

営業時間:
11:30〜23:00
日祝11:30〜21:00頃(スープ切れ終了)
※緊急事態宣言により〜20:00

定休日:


電話:
042-645-2779

駐車場:
6台

公式ブログ:
麺や樽座@八王子

鴨中華そば 楓@八王子市<特製紀州鴨つけめん>4

IMG_0002_edited_edited_edited訪問日:
2021.8.26

メニュー:
特製紀州鴨つけめん(\1500)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、京王八王子駅から程近い所にあるした「鴨中華そば 楓」。

8月26日19:00頃の到着で外待ち6人。
店舗前のベンチ4席は食券を購入して待ち、壁沿い待ちは食券を購入せずに並んで店員さんの指示待ちというスタイルのようなので、並んで待ちます。

回転はあまり良くないかな?15分ほどで食券を購入する事が出来ました。

IMG_0003IMG_0006

メニューは、「特製紀州鴨白湯つけめん」「紀州鴨白湯つけめん」「特製紀州鴨中華そば」「紀州鴨中華そば」に「あじ玉」「メンマ」「丸太ネギ」「鴨ロース」のトッピング、ご飯もの、「鴨ネギ和え玉」、ドリンク類など。

今回は、新しく加わった「特製紀州鴨白湯つけめん」をチョイス。

更に待つこと15分ほどして入店する事が出来ました。

つけ麺は、「200g」「300g」「400g」から選ぶ事が出来るとの事なので、「300g」でお願いしました。

IMG_0009
IMG_0010IMG_0013

「つけめんのお奨めの召し上がり方」と言う指南書的なものを用意してもらえるので、それを参考に食べると良さそうですね。

更に待つこと25分ほどしてつけ麺が出て来たので、早速いただきます

IMG_0023
「特製紀州鴨白湯つけめん」1500円

IMG_0027

「特製」だからかな?置ききれない位にお皿がたくさんです!

IMG_0032

指南書に従って、まずは麺を粟国の塩をつけていただきます。
麺は自家製の平打ち太ストレートで、ライ麦を練り込んだもの。
ライ麦の豊かな風味がふわっと広がるもので、塩をちょこっとつけるだけでも十分な美味しさを楽しむ事が出来ます。

続いて、つけ汁に浸けていただきます。

IMG_0029
IMG_0039
茶濁したつけ汁は、大量の紀州鴨を強火で炊いたという鴨白湯の醤油味。

トロンとした軽い粘度を盛ったもので、ぽってりした口当たりと鴨の味をしっかり感じられるまったりした旨味と奥深いコクを感じるもので、醤油をしっかり効かせてバルサミコ酢由来の甘酸っぱさもあるので、まったりし過ぎずに味がビッと引き締まっていてメチャクチャ美味しい♪

塩で食べても美味しいけれど、やっぱりこの鴨白湯つけ汁に浸けて食べる方が圧倒的に美味しく!
ツルッと滑らかな麺肌ながらつけ汁に粘度があるので麺に適度に絡みつき、鴨白湯の味と麺の味とが良い感じに合致して、適度なコシを感じられる食感も楽しめて凄く美味しい♪

トッピングは、別皿の鴨チャーシュー3種類・スライスアーリーレッド・ベビーリーフ・九条ネギ、味玉、薬味皿の粟国の塩・三つ葉・神山すだち、つけ汁の中に鴨つみれが1個。

IMG_0018

鴨チャーシューは、炭火吊し焼きのロース・燻製ロース・炭火幽庵焼きのモモの3種類。
それぞれの風味と旨味を楽しめるもので凄く美味しく、添えられた野菜と合わせて食べると良い感じ♪
ミント感を楽しめる「はちみつミントソース」が添えられているのでそれにつけて食べたり、つけ汁に浸けて食べたりしても良いけれど、個人的にはそのまま食べるのが一番美味しい!

IMG_0022IMG_0046
IMG_0043IMG_0048

味玉は、6割程度固まった半熟。
白身も柔らかいタイプで割るとトロっと流れ出る半熟感で、白醤油由来の優しい甘みを感じるような味わいで美味しい♪

鴨つみれは以前食べたときよりも鴨感をより楽しめる感じで、これも凄く美味しい♪

麺を半分食べたところで、スダチをつけ汁に搾り入れてみると軽い柑橘風味が加わりました。
搾りが弱いせいか大きな変化がなかったので、麺の方に搾るのもありかもしれないですね。

タイミングを見計らって「割スープ」が出て来ました。
割用の鴨白湯との事でそのまま飲んでみると…メチャクチャ美味しい♪このまま飲んでしまいたいくらいに鴨を楽しめるもので贅沢な感覚♪
でもせっかくなので、残ったつけ汁に加えて「スープ割」。
鴨感を楽しみつつ酸味の効いたスッキリした味わいを楽しめて美味しい♪


全体的な印象としては、流石に待ち時間が長すぎるかなって印象は否めないけれど、鴨の味を遺憾なく楽しめるつけ麺でメチャクチャ美味しかった♪

まだつけ麺を提供し始めたばかりなので上手く回せてないようですが、オペレーションの見直しやスタッフ増員なども考えているようなので今後は少しずつ改善されていきそうな感じですね!


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
353杯目

前回の訪問:
2021.7.29

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都八王子市明神町3-24-12

電話:
080-7676-2874

営業時間:
11:30〜14:30 17:30〜21:30
※時短要請により〜20:00

定休日:
火曜日

駐車場:
すぐ近くにコインパーキング有

公式HP:
aede.fan/

Twitter:
鴨中華そば 楓

記事検索
スポンサードリンク
プロフィール

ZATSU

ZATSUが食べに行ったラ-メン屋さんの感想なんかを中心に書き綴っていきます。
5段階の☆については、味も含めお店の雰囲気など自分の満足度でつけています。試食など無料で頂いた場合にはつけていません。

店舗情報につきましては行った当時のものでその後の変更などには対応していません。
データベースでは無くあくまでも日記という事を理解していただけると助かります。
※画像は主にデジカメにて撮影。転載禁ず。クリックで画像が大きくなります。
尚、コメント欄によせられたコメントは、管理人が不適切と判断した場合は、予告無く訂正削除する事がありますので、悪しからず※

2020年3月より「ラーメンWalker WEB」にてコラム【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】の週間連載を開始いたしました。期間はわかりませんが、毎週月曜日12時に公開されますのでそちらもよろしくお願いいたします。
<a href="https://ramen.walkerplus.com/review/"target="_blank">ラーメンWalkerWEBラーメンレビュー</a>

多摩地区のテイクアウト実施店を集めた記事はこちら↓
<a href="http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/archives/51514300.html"target="_blank">多摩地区のラーメン屋さん テイクアウト実施店</a>

↓メールはこちら↓
<a href="mailto:zatsu_ra@yahoo.co.jp">zatsu_ra@yahoo.co.jp</a>

ランキング
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ

くる天 人気ブログランキング

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル



↑Clik here↑
ブログランキング

PR
カテゴリ
PR
PR
月別アーカイブ
Recent Comments
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
ラーメンWalker 2017

2016年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2017」
特集協力
ラーメンWalker 2016
2015年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2016」
特集協力、掲載されました
吉祥寺Walker
2015年夏
「吉祥寺Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2015
2014年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2015」
特集協力、掲載されました
府中Walker
2014年夏
「府中Walker」
特集協力、掲載されました
ラーメンWalker 2014
2013年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2014」
特集協力、掲載されました
武蔵小金井Walker
ラーメンWalker 2013

2012年秋
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2013 」
特集協力、掲載されました。
ラーメンWalker 2012


2011年冬
「ラーメンWalker武蔵野・多摩 2012 」
特集協力、掲載されました。
多摩本



2009秋
「多摩のラーメン JR編」
「多摩のラーメン 私鉄編」
執筆に参加。
絶賛発売中!!
立川Walker 2009
【送料無料】立川walker(2009)

【送料無料】立川walker(2009)
価格:880円(税込、送料込)



2008秋 
「立川ウォーカー2009」に掲載されました

↑このページのトップヘ