IMG_9244
IMG_9245
訪問日:
2024.3.8

メニュー:
HTKM 昆布水つけ麺(塩)(\1000)

味:


コメント:
今日紹介するのは、中神駅北口から少し歩いた所「三代目しゅう」の道を挟んだすぐ隣の「食楽居酒屋 味せん」跡地に3月6日にオープンした「昭島昆布水つけ麺 ハルノオト」。

3月8日11:40頃の到着で外待ち4人。

並ぶ際は歩道で無く敷地の中に入って並んで欲しいようです。
これはアナウンスのポップを貼った方が良さそうですね。

一番手前の人だけ食券を買うスタイルとなっているようで、5分ほどして、「先に食券を買って」端でお待ちくださいと声がかかったので、それに従って一旦店内へ。

店内は、一文字カウンター4席に
3人掛けテーブル2卓と奥にテーブル2卓で、広くは無いけれど空間の使い方が良いのかゆったりした感じで、和風モダンな落ち着いた雰囲気。

入ってすぐ右側に券売機があるので、そこで食券を買います。

IMG_9246
IMG_9247
IMG_9248
IMG_9253
メニューは、「KWTM 昆布水つけ麺(塩)」「KWTM 昆布水つけ麺(醤油)」「HTKM 本枯節たまごかけ麺」「TSTM 豚骨醤油つけ麺」、「チャーシュー」「煮たまご」「出汁たまご」「メンマ」「生たまご」「本枯節」「のり」「山芋千切り」「きざみ玉ねぎ」「梅干し」のトッピング、「ライス」「SDGsライス」など。

今回は、「KWTM昆布水つけ麺(並塩)」をチョイス。
キャッシュレスのシールも貼ってありますが、昼は現金のみと書かれています。
今後、夜営業も行う予定と言うことかな?

10分程して入店する事ができました。

「味せん」からの業態変更なのかな?ご夫婦で切り盛りしている感じで、パッと見寡黙そうなご主人のやわらかな接客が何気に良い感じ♪

IMG_9257
IMG_9254
卓上には、「昆布水つけ麺の食べ方」と言う指南書的なものがあるので、それを参考に食べるのも良さそうですね。

しばらくしてつけ麺が出て来たので、早速いただきます。

IMG_9271
「KWTM 昆布水つけ麺(塩)」1000円

IMG_9279

先ずは、東京都内で唯一深層地下水100%で抜群のおいしさを誇る昭島の水と北海道産昆布を使用したと言う昆布水に浸かった麺からいただきます。

IMG_9260_edited
昆布水は、ガゴメ昆布主体かな?ドゥルンと高い粘度を持ったもので、旨味は強すぎず粘度の割りにスッキリさのあるもので美味しい。

IMG_9287
麺は、菅野製麺の太ストレート。

かなり硬めな茹で加減でしっかり水締めされてあるので、ゴシゴシとしたゴムのよう食感。
風味は良いけれど、流石に硬すぎな印象で、もっとしっかり茹でてある方が良いかな。

IMG_9289
卓上にある「藻塩」をちょこっとかけて食べると、昆布水の旨味と合わさって美味しい♪
ちょっと「しんせん」インスパイアかと思わせるような麺の硬さや食べさせ方ですね。

IMG_9273
つけ汁は、豚骨などの動物系をベースにした感じの塩味で表面には背脂が浮かべられています。

IMG_9300
背脂の風味とコクがたっぷり感じられて豚が主体に感じられるけれど、塩ダレ由来かな?魚介テイストや風味も感じられるスッキリしながらも淡麗にせず厚みと程良いこってり感が楽しめるもので、白醤油のようなやわらかさとほんのりした甘味が感じられて美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、青ネギ、レモン。

チャーシューは、バラと肩ロースの2種類。

IMG_9294
つけ汁に浸かった厚みのある大判のバラロールは、トロッとした柔らかな口当たりで旨味もたっぷりで凄く美味しい♪

IMG_9267
切り落としみたいな肩ロースは、低温調理されたものでムニムニ食感と程良い旨味と塩味が感じられて美味しい。

IMG_9264
レモンを搾るとスッキリした柑橘風味を楽しむ事が出来ます。

IMG_9303
麺を食べ終えたら、つけ汁に昆布水を投入してスープ割りを。


全体的な印象としては、ちょっと麺が硬すぎる印象ではあったけれど、とろみと旨味とスッキリさのある昆布水に、背脂の効いたコクのあるつけ汁とが合わさったつけ麺で美味しかった♪

激戦区となりつつある中神駅周辺ですが、これから頑張って下さい!


ご馳走様でした♪


2024年何杯目?:
124杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都昭島市中神町1171-24 ユーアイハイツ101

営業時間:
11:30〜14:30

定休日:
不定休だけど主に火曜日にする予定との事。

駐車場:
斜向かいにコインパーキング有り