IMG_0005訪問日:
2021.10.13

メニュー:
甘海老とジェノベーゼのまぜソバ(\1000)

味:
海老ジェノベーゼ

コメント:
今日紹介するのは、河辺駅から離れた「ハイデン.コッコFACTORYマルソン」。

10月2日で10周年を迎えたこのお店ですが、10月末を以て「マルソン」と言う店名は消滅するとの事。
昨年11月に店主がサマンサ・タマサさんに代わりましたが、一年間様子を見られていたようで、この度晴れて独立を正式に承認され、11月からは「ハイデン.コッコFACTORYサマンサ・タマサ」になるとの事。
好きなお店なので今後も応援していくつもりですが、正直「マルソン」と言う名前が無くなるのは寂しいですね。

10月13日19:05頃の入店で先客は2人。
券売機横には消毒用アルコールが用意され、カウンターに物を置かないよう注意を促す貼り紙がされていて、カウンターにはアクリルのパーティションが立てられています。

IMG_0003IMG_0007
IMG_0010IMG_0008
IMG_0011
メニューは、「魚貝煮干し中華そば」「魚貝煮干し中華そば(塩対応)」「つけ麺」「油そば」「マルソンラーメン」に「レアチャーシュー」「味付け玉子」「山クラゲメンマ」「空ワンタン」「茹で野菜」「玉ねぎ」等のトッピング、ご飯物、ドリンク類、「杏仁豆腐」等。

毎週水曜日と土曜日と日曜日は「部活」と題したオリジナリティ溢れる限定メニューを提供しています。
この日の限定で「甘海老とジェノベーゼのまぜソバ」も提供されていました。
※本日10月14日のお昼も提供出来るようです。

今回は、限定の「甘海老とジェノベーゼのまぜソバ」をチョイス。

しばらくしてまぜそばが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0016
「甘海老とジェノベーゼのまぜ」1000円

IMG_0023

丼の底にタレが溜まっているのでよーーーーく混ぜ合わせてからいただきます。

濃い色づきのタレは、海老の味や風味がたっぷり詰まったもので、そのタレを主軸にジェノバソースやトッピング類の味が合わさった複雑な味わい。

「ジェノベーゼ」って言うとニンニクやバジルの強い風味でそれ一色になってしまう事が多いけれど、むしろ主役は海老って感じで「いつ樹」のお株を奪うような芳ばしい海老の風味と濃厚な旨味と甘味が感じられ、それでいて重さが無いので食べやすい味に仕上がっていて、そこにバジルが合わさる事によって爽やかな風味のアクセントとコクが加味されて凄く美味しい♪

IMG_0036IMG_0030
IMG_0035IMG_0029
IMG_0025IMG_0032
麺は、村上朝日製麺の中細ストレート。

やや硬めな茹で加減でパツンとしたハリのある食感が楽しめ、濃厚なタレの味と風味がしっかりと絡みついてきて凄く美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、鶏チャーシュー、ジェノバソース、アボカド、ジャガイモ、刻み玉葱。

チャーシューは、低温調理された肩ロースがたっぷり。
気のせいかいつもより若干厚みがあるような印象で、しっとりした肉々しい食感の中に程よい塩気と肉の旨味を感じられるもので美味しい♪

鶏チャーシューはムネ肉ながら良い感じの弾力を持っていて、ちょうどバジルが付着してサラダチキンぽい雰囲気になって美味しい♪

アボカドはゴロッと大きなもので、少しシャキッとした硬めな食感。
これはこれで良いけれど、個人的にはもう少し小さくカットして潰れるような柔らかさの方が良かったかな

ジャガイモがゴロッと入っているのは面白いですね!


ここは、ラーメンでもつけ麺でもまぜそばでもスープ割りが出来るので、少し麺を残した状態でスープ割りを。
日替わりのスープ、この日は「ホワイトソース」との事で、量は多くないけれどまったりとしたクリーミーなコクが合わさって美味しい♪


全体的な印象としては、偶然1週間ほど前に「海老とアボカドのジェノベーゼパスタ」を食べたけれど、それとは全く違ったアプローチで、海老を主役にジェノバソースをアクセントとして取り入れた感じのバランスが良きまぜそばで凄く美味しかった♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
436杯目

前回の訪問:
2021.7.18

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都青梅市野上町4-9-28 グリーンハイム1F

営業時間:
11:00〜15:00
水土11:00〜15:00 17:00〜21:00

定休日:


電話:
0428-84-0474

駐車場:
店舗並びに5台分

Twitter:
マルソン