IMG_0007訪問日:
2021.10.2

メニュー:
塩(バラ)(\850)

味:


コメント:
今日紹介するのは、立川駅南口から国立方面に向かって少し歩いた所にあるラーメン集合施設「たま館」内、「」のあった場所にオープンした「がんこラーメン」。
「圓」は、「菜花」の場所で2店同時営業する形になったようですね。


IMG_0001IMG_0009
「たま館」には、お祝いの花が沢山届けられています。

1983年創業で現在は四谷三丁目にある名店「元祖一条流がんこ総本家」。
その分店で相模原にある「元祖一条流 がんこ 総本家相模原分店」を営む一条修氏から教えを受けた方によって10月2日にオープンしたお店との事。

他の店舗と同様、看板の下に券売機があるので、そこで食券を買います。

IMG_0014IMG_0018
IMG_0005IMG_0008
IMG_001610月2日19:05頃の入店で先客は3人。
メニューは、「塩(モモ)」「塩(バラ)」「塩(鶏)」「正油(モモ)」「正油(バラ)」「正油(鶏)」「辛痛麺(モモ)」「辛痛麺(バラ)」「辛痛麺(鶏)」「つけ麺」に各種トッピング、ご飯物、ドリンク類など。

オススメを聞いてみると「自分は『辛痛麺』が好きなんですけどね」と素直な気持ちを教えてくれた後、「初めは『塩(バラ)』が良いかと思いますよ」との事なので、今回は「塩(バラ)」をチョイス。
「味(しょっぱさ)の濃さ」が8段階から選べ、食券を渡す際に聞いてくれます。
今回は、「LEVEL4(基本のがんこ味)」でお願いしました。

席は厨房前の一文字カウンター8席のみで、券売機横に消毒用スプレー、カウンターにはアクリルのパーティションが立てられています。
「がんこ」と言えば、牛骨が目印として使われていますが、ここでも牛骨が鎖で括りつけられています!

オープン記念としてステッカーをいただきました♪

程なくしてラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_0022
「塩(バラ)」850円

IMG_0029

透明感のあるスープは、鶏や豚等の動物系に煮干し等の魚介を合わせた清湯系のあっさり塩味。

「がんこ」はもっとしょっぱいイメージがあったけれど、意外と一般的なラーメンの塩味よりちょっとショッパいかな?程度の気にならない位の塩味で、だからと言って物足りない訳ではなくグッとくる力強い旨味はしっかり感じられて、スッキリしたスープながらも力強さが有り、油のまったりしたコクと相まった良い感じのバランスで凄く美味しい♪

IMG_0037IMG_0031
IMG_0033黄色味の強い麺は、中細のストレート。

気持ち硬めかな?って言うくらいの茹で加減で細麺ながらも強い弾力を楽しめるコシのある食感で、スープをしっかり持ち上げてくれて美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、海苔。

バカでかいバラ肉と、もう一枚同じサイズのものが!
え?デフォルトでこんなに入っているの??ちょっとビックリする位のボリューム!
そう言えばTwitterに先着順でチャーシューサービスと書いてあったけれど、まだあった感じなのかな?

薄切りだけどペラペラではなく、トロトロとは違った肉々しい食感と肉々しい旨味を感じられるもので、脂身も程よく含んでいて美味しい♪
下のもう一枚はかなりレア感が強く、旨味は強くて美味しいけれど、ちょっと噛み切りにくい感じ。

笹切りネギもたっぷり入っていて、この風味がスープとよくマッチしています♪


全体的な印象としては、相模原で食べた時と比べて「しょっぱい」感覚が殆ど無かったけれど、シンプルなのに奥深い旨味をしっかり楽しめる一杯で美味しかった♪

これから頑張ってください!


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
419杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1F

営業時間:
11:00〜20:00

定休日:


駐車場:
近くにコインパーキング有

Twitter:
元祖一条流がんこラーメンたま館分店