IMG_0056訪問日:
2021.7.29

メニュー:
唐唐郎らーめん(デカ)(\900)
ごはん(無料)

味:
味噌

コメント:
今日紹介するのは、八王子駅北口から少し歩いた「神風」→「ハングリードラゴン」跡地にオープンした「Re:唐唐郎」。

ここは、イタリアン・フレンチ・和食と料理の道を歩み辿り着いたと言う店主によるお店で、中目黒駅から程近い場所で【昼しかやらない旨辛味噌ラーメン専門店】「唐唐郎」として営業されていましたが、移転と共に屋号を少し変え7月26日に「Re:唐唐郎」としてオープンしたお店。

7月29日19:25頃の入店で先客は1人。

IMG_0053IMG_0057
IMG_0058IMG_0059

店内は、一文字カウンター5席に4人掛けテーブル2卓と2人掛けテーブル1卓のこじんまりした空間。
消毒用スプレーが用意され、カウンターにはパーティションが立てられています。
以前と比べるとお店の雰囲気がかなり明るくなりましたね! 
入って右側に券売機があるので、そこで食券を買います。

ホール担当の店員さんは感じの良い接客でメニューも丁寧に説明してくれます。

IMG_0061IMG_0062
IMG_0066IMG_0069

メニューは、辛旨の「唐唐郎らーめん」「味玉唐唐郎らーめん」「野菜盛唐唐郎らーめん」「チャーシュー唐唐郎らーめん」「特製唐唐郎らーめん」、辛くない「海老味噌らーめん」「味玉海老味噌らーめん」「野菜盛海老味噌らーめん」「特製海老味噌らーめん」に各種トッピング、「水餃子」、ドリンク類など。
まだ販売されていませんでしたが「つけ麺」も予定されているようですね。
「唐唐郎らーめん」は、「デカ」「ヘクト」「キロ」「メガ」「ギガ」「テラ」の6段階の辛さが用意されています。
券売機にはありませんが、「こだわりの土鍋ご飯」も無料で付ける事も出来ます。

今回は、「唐唐郎らーめん(デカ)」をチョイス。

ホールスタッフが丁寧なだけで無く、ご主人も楽しく親しみ易い雰囲気で良いですね♪

しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

IMG_0071
「唐唐郎らーめん(デカ)」900円

IMG_0077

オレンジ色したスープは、豚骨や鶏などの動物系を主体に、野菜や甘海老などを合わせた濃厚な辛味噌味。

ドロドロした高い粘度を持ったスープは野菜や鶏モモでとったペーストスープと鶏や豚骨などの動物系を合わせたというもので超濃厚かつ油っこさの無い「ベジポタ」に近い雰囲気を持っていて、海老の芳ばしい風味と味噌の味とが合致した濃厚な味わいでやや強めの甘味がクセになる奥行きのあるスープでそこに強すぎず適度な辛味が合わさる事でそれぞれが引き立てあっている感じで凄く美味しい♪

IMG_0078IMG_0075
麺は、三河屋製麺の平打ち太縮れ。

少し熟成感のあるプリッとした弾力とモチモチ感を持っていて濃厚なスープに負けない力強さがありつつ、しっかり調和する感じで凄く美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、白髪ネギ、ニラ、糸唐辛子、玉葱ペースト。

チャーシューは、小さくて薄切りのバラ肉。
小さいので存在感が薄くかんじちゃうけれど、これがトロットロに柔らかくて美味しい♪

チャーシューの上には、玉葱をバターで炒めたと言う味変アイテムのペーストがのせられていて、途中で溶かすと甘味と旨味がアップする感じ!

「ご飯もありますけどいかかですか?」と声をかけていただいたので、「少し」いただく事に。

IMG_0081
「こだわりの土鍋ご飯」サービス

ごはんは土鍋で炊いたというもので、ふっくらして甘味もあって美味しい♪

IMG_0083

残ったスープをかけて食べても間違いない味わいで、チーズをトッピングしてリゾット風にするのも良さそうですね!


全体的な印象としては、「天下一品」に通ずるような濃厚なベジポタに海老味噌の風味が加わり、辛味が良い感じのアクセントになっていて凄く美味しかった♪

鬼門的な立地ではありますが、味・雰囲気共に良い感じで応援したくなるお店ですね!

これから頑張って下さい!


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
306杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都八王子市中町10-1 アートハウス 1F

電話:
042-634-8454

営業時間:
12:00〜20:00

定休日:
不定休

駐車場:
すぐ近くにコインパーキング有り

Instagram:

totorouramen