PSX_20210716_230707訪問日:
2021.7.16

メニュー:
つけ麺(\850)

味:
醤油

コメント:
今日紹介するのは、国分寺駅北口から少し歩いた所にオープンした「くにを」。

ここは、お茶の水で「ゆきふじ」として営業していましたが移転の為に6月で閉店し、移転と共に屋号もメニューも一新し「くにを」として7月2日にオープンしたお店。
店名の由来は、「ゆきふじ」はお祖父さんとお父さんの名前から、「麺食堂 くにを」はお父さんとお母さんから名前を頂いたとの事。

7月16日11:45頃の到着で外待ち3人。

10分ほどで入店する事が出来ました。

店内はL字カウンター7席ほどのこじんまりした空間で、白を基調に明るくお洒落な雰囲気。
カウンターにはパーティションが立てられ、角のカウンターに消毒用スプレーが用意されています。

IMG_0034IMG_0031
IMG_0032IMG_0035
入って右側に券売機があるので、そこで食券を買います。

メニューは、「つけ麺」「ラーメン(塩)」「チャーシューメン(塩)」「ワンタンメン(塩)」「チャーシューワンタンメン(塩)」に、トッピングの「味玉」「チャーシュー」「メンマ」「しらす」、ご飯物、アルコール類など。

今回は、「つけ麺」をチョイス。

10分ほどしてつけ麺が出て来たので、早速いただきます。

IMG_0039
「つけ麺」850円

IMG_0041

IMG_0049「しらすと麺を混ぜて先に食べてください」との事なので、それに従って。

しらすの塩気だけで麺を味わうのかと思いきや、麺には予め醤油ダレが和えられていて「油そば」的な感覚で食べられます。

麺は、浅草開化楼の全粒粉入り細麺で軽くウェーブがかかったもの。

適度に水締めされた感じのもので、ズルズルいける啜り心地良さに加え、細麺ながら強いコシと風味高さのあるもので、円やかで軽やかなオイリーさとやわらかで甘味のある醤油感とが麺に和えられていて凄く美味しい♪
200g位で結構ボリュームがありますが、これは「大」にしても良さそうな美味しさ!

IMG_0042
IMG_0051
つけ汁は、鶏などの動物系をベースに節系や煮干しなどを合わせた感じの醤油味。
なんとなく冷たいつけ汁をイメージしていたので、温かくてちょっとビックリ。
純和風なタイプで、こちらは軽く鶏油が加えられている程度でスッキリした味わいで、麺をサッと潜らせて食べるとつけ汁厚みある味わいが加わって凄く美味しい♪

ただ、個人的にはそのまま浸けずに油そば的に食べる方が好きかも?いや、やっぱり浸けようかな?とそんな事の繰り返しで、浸けずに食べても浸けて食べても、どちらも甲乙つけがたい美味しさ♪

IMG_0048IMG_0047
トッピングは、チャーシュー、しらす、スプラウト、メンマ。

チャーシューは薄切りながら大判の肩ロース。
低温調理された感じのものでしっとりした食感で、風味が良くて美味しい♪

しらすは醤油ダレとの相性抜群で、こんなに小さいのにこのしらすと麺を合わせて食べると凄く美味しい♪

スープ割りもあるのかな?そんなに濃くないのでそのままでもいける感じで飲み干してしまいました。


全体的な印象としては、浸けなくても、浸けても、どっちもハイクオリティな和の風味を楽しめる一杯で凄く美味しかった♪

新天地で、これから頑張って下さい!


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
287杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都国分寺市本町2-25-5

電話:
042-323-8151

営業時間:
11:30〜15:00 18:00〜21:00

定休日:
不定

駐車場:
近くにコインパーキング有

Instagram:
麺食堂くにを

Twitter:
麺食堂くにを