IMG_0023訪問日:
2021.3.7

メニュー:
わんたん入り醤油らぁ麺(\1350)
わんたん入り塩らぁ麺(\1400)
焼売飲茶セット(\400)
日替わりおにぎり(\200)

味:
醤油


コメント:
今日紹介するのは、日向和田駅から離れた吉野街道沿いにオープンした「FeeL」。

ここは、日本全国でもトップクラスの人気を誇る湯河原の名店「飯田商店」で修業された方によるお店で、「飯田商店」公認独立第一号として2月28日にオープンしたお店。

今年一番の注目店としてオープン前から話題となっていて、オープン初日には徹夜組も出る程!
現在「飯田商店」はネット予約のみとなっていますが、一時期の「飯田商店」と同じように整理券制にし朝7時から10時まで1時間毎に整理券を配布し、そこで売り切れなかったら並んで食べるチャンスもあるとの事。
ただ、土日は開店前の整理券だけで売り切れてしまう可能性が高いようですね。

オープンからちょうど1週間のタイミングで行くチャンスが出来たので、早起きして整理券を貰いに行ってきました。

IMG_0003IMG_0006
IMG_0007IMG_0010

3月7日5:50頃の到着で8人待ち。
配布開始時間の7時にはザックリ見て40人位並んでいて、この時点で売り切れちゃうんじゃ無い?と思ったら予想通り7時の回で予定杯数売り切れてしまったようです。

整理券配布開始の7時には、そのシステムなどをしっかり説明してくれます。
空いている時間帯があれば好きな時間帯を指定出来る「FeeL Fastpass」と言う方式をとっていて、並んでいる1人につき5人分まで整理券を貰う事が出来るとの事。(仮に5人分で全員連食ならば10枚)
ただ、一つの時間帯に9杯までなので10枚貰っても時間帯が変わってしまいそうですね(^^;)

今回は、「11:50」の回を前田さんの分と合わせて4枚いただきました。

再集合まではかなりの時間があるので、一旦家に帰って自由に過ごせるのは良いですね♪
でも、遠くから来る人はちょっと時間潰すのが大変ですね…

IMG_0015IMG_0016
IMG_0017IMG_0018
IMG_0020
11:40頃の到着で当然待ち客は居ませんが、近所の方が知らずに来て「本日売り切れ」を見て帰ると言う姿が目に止まりました。
仕方ない事ではあるけれど、近所のおじいちゃんおばあちゃんが食べられないのは何だか可哀想に思っちゃいますね。

外には椅子が用意されていて、そこにメニューがあるのでメニューを見ながら集合時間を待ちます。

途中食べ終えて出て来てお客さんが何処かで見た事ある人のような…と思ったら「きら星」の星野店主でした!
5時に並んで整理券貰ったみたいですが、マスクしていると全然気づかないもんですね(^^;)

11:55 5分程押して入店する事が出来ました。
店主さんは勿論、スタッフ全員丁寧な明るい接客で凄く感じが良いですね♪

IMG_0030IMG_0031
IMG_0027IMG_0033

店内は、一文字カウンター5席に4人掛けテーブル3卓のゆったりした空間。
木をふんだんに使って暖かみがあり、その木の匂いが漂う落ち着いた居心地の良いアットホームな雰囲気。

オープンから数日間は外にズラリと凄い数の祝花が飾られていたようですが、今も店内に結構な数の祝花が飾られています!

カウンターからは広い厨房でラーメンを作っている様が見られ、厨房には飯田商店の文字が書かれた麺箱も置かれています。

IMG_0019IMG_0026

メニューは、「醤油らぁ麺」「わんたん入り醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」「わんたん入り塩らぁ麺」、「焼売飲茶セット」「日替わりおにぎり」。
この日の「日替わりおにぎり」は、「チャーシューと梅肉和えおにぎり」でした。

今回は、「わんたん入り醤油らぁ麺」「わんたん入り塩らぁ麺」「焼売飲茶セット」「日替わりおにぎり」を注文。
「らぁ麺」は、「塩」からお願いしました。

IMG_0035IMG_0036

予め木製のランチョンプレートとお箸がセットされていて、提供直前に温めたレンゲもセットされます。
冷たいレンゲでスープが冷めないようにする配慮なんですかね?凄い気遣いですね。

席に着いてから25分ほどして、ラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_0037
「わんたん入り塩らぁ麺」1400円

IMG_0043

綺麗なビジュアルでテンション上がりますね!

透明度が高くキラキラと黄金色に輝くスープは、鶏などの動物系清湯をベースにした塩味。

ふくよかな鶏の旨味や風味を存分に感じられるもので、表面に浮かべられた鶏油もたっぷりなのでオイリーさはあるもののペタッとした感じや重さを全く感じさせ無い軽やかなものでコクと心地良い風味を加味してくれて、塩角の無いやわらかで穏やかな塩味が程よく感じられるバランスの良い味わいで凄く美味しい♪

IMG_0052IMG_0049
IMG_0065IMG_0050
麺は、自家製の細縮れ。

縮れと言って良いのかな?手揉みなのかな?表面がギザギザしたような特徴的なもので、「飯田商店」同様柔らかく茹でられながらもデロンとせずに食感を残し、シルキーでしなやかな啜り心地でスープの持ち上げが抜群でメチャクチャ美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、鶏チャーシュー、海老ワンタン、蕪、揚げネギ、白髪ネギ、万能ネギなど。

上質な豚しゃぶを思わすような旨味と柔らかさのあるロースの上に白髪ネギが敷かれ、皮がパリッして芳ばしい風味を楽しめるローストチキンのようなものがのり、上には揚げネギと万能ネギがのる和食のような美しい盛り付け♪
トロトロに柔らかな蕪が隠れていて、これが塩スープとの相性抜群で、然り気無いのに凄く良い味を出してくれています。


続いて、「焼売飲茶セット」が出て来ました。

IMG_0057
「焼売飲茶セット」400円

IMG_0059

「焼売飲茶セット」は、大きめでな焼売2個と台湾茶がセットになったもの。
キャベツの敷かれた蒸籠で蒸された焼売は程よく下味のついたフワフワな肉餡が詰まったもので美味しく、台湾茶はスッキリした風味でホッと一息つかせてくれます。

「焼売飲茶セット」とほぼ同タイミングで「おにぎり」も出て来ました。

IMG_0072
「チャーシューと梅肉和えおにぎり」200円

おにぎりは竹ザルにのせられて、こちらも良い雰囲気を出してくれています。
梅肉の酸味と甘味を程よくまとったチャーシューの入ったおにぎりで普通に美味しい♪


最後に、箸とレンゲを替えてくれて、もう一つのラーメンが出て来たので、早速いただきます。

IMG_0076
「わんたん入り醤油らぁ麺」1350円

IMG_0082

こちらも綺麗なビジュアルで美味しそう♪

醤油色したスープは、鶏などの動物系清湯をベースにした醤油味。

鶏のふくよかな風味と味とが風味高くやわらかな醤油の味わいと合わさる事で互いか互いを引き立てるように旨味を引き上げてくれて、塩よりもしっかりした強めの出汁感と味でドッシリとした味わいに仕上げながらも雑味を全く感じさせないスッキリした後口でメチャクチャ美味しい♪

IMG_0093IMG_0089
IMG_0090IMG_0094
IMG_0087麺は、自家製のやや平打ちがかった細ストレート。

塩同様柔らかな茹で加減ながら、こちらの方が些かハリを感じる食感でスープをしっかり受け止めつつも麺の風味と味も存分に楽しめる感じで、しなやかな啜り心地も健在で凄く美味しい♪

トッピングは、チャーシュー、鴨チャーシュー、肉ワンタン、メンマ、三つ葉、春菊。

チャーシューは、豚しゃぶ的な旨味たっぷりなバラ肉と焼豚タイプで凝縮された旨味と薫香を楽しめるものの2種類で、どちらも凄く美味しい♪
ローストされた感じの鴨肉も入っていて、こちらも旨味たっぷりで堪らない美味しさ♪

肉ワンタンは、下味のしっかりした肉餡が詰まったもので、これ単体で食べても凄く美味しい♪
ただ、味がかなりしっかりしているので、醤油らぁ麺には合うけれど塩にトッピングしたらバランス崩れちゃうかもな?って気も。

厚みのある正方形メンマはサックリした食感としっかりした味わいで美味しく、茎の風味まで楽しめる三つ葉や、クセの少ない生の春菊も醤油スープとベストマッチ!



全体的な印象としては、「飯田商店」イズムをしっかり感じられる上質な出汁の味わいと柔らかな美味しい麺を楽しめるラーメンで、メチャクチャ美味しかった♪

「飯田商店」に行った時もそうだったけれど、「ラーメンを食べに行く」と言う一般的な感覚では無く、「FeeL」と言うお店に赴きその雰囲気の中でこのラーメンを食べると言う一連の流れを楽しむある種イベント的な楽しみ方になるので、他と比べてどうとかの比較は出来ないけれど、コース料理を食べているかのようワクワク感と上質な美味しさを堪能出来るお店で大満足でした!

青梅と言う立地でお客さんの流れもどうなっていくのかわからないので、この先も同じ営業スタイルでいくのか、途中で変わっていくのかはわかりませんが、末永く美味しいラーメンを作っていって下さい♪


ご馳走様でした♪


2021年何杯目?:
110杯目
111杯目

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都青梅市梅郷4-695-1

電話:
0428-85-9382

営業時間:
11:00〜16:00

定休日:
水曜日
※月2回程度連休あり

駐車場:
店舗横に十数台分

公式HP:
ramen_feel

Twitter:
Ramen FeeL