雫メニュー:
ら〜めん 鶏の雫《塩味》(\650)
味付け玉子(\100)
バモチョ(\150)

味:
鶏白湯

コメント:
今日は、福生駅南口にある「雫」へ。

11:30到着で外待ち3人。
ちょうどオープンするところだったようで、待つこと無くお店に入ることが出来ました。

メニュー曜日替わりで違う味を出すこのお店。水曜日の今日は、「鶏の雫《塩味》」。

今日は、その「鶏の雫」に「味玉」トッピングで。デザートに、このお店の創作メニュー「バモチョ」を注文。
「バモチョ」はシナモンの有無を問われるので、「お願いします」と。


しばらくしてラーメンが出てきたので、早速いただきます。

ラーメン

相変わらず綺麗なビジュアル♪特別な具が入っているわけでは無いのに、なんでこんなに綺麗なんだろう。

熱々のスープは、トロリとした濃厚な鶏白湯の塩味。
この鶏ポタージュを一口入れるだけで、鶏の香りがフワッと口の中いっぱいに広がっていって凄く美味しい。
今日のは、特にミルキーな感じがして凄く軟かで滑らかな印象。

麺チャーシュー

味玉麺は、中太の縮れで程よい茹で加減。
プリプリとした心地好い弾力の麺に、トロンとしたスープがたっぷり付いてきて良い感じ♪

トッピングは、鶏チャーシュー、メンマ、万能ネギに追加の味玉。

ピンクに色づいた鶏チャーシューは、軽くスモークされたもので、スープとはまた少し違う感じの香りが愉しめる。以前は、この香りがあまり好きではなかったんだけど、何度も食べているうちに段々と好きになってきた気がする(^o^;)
ただ、今日のはちょっと塩気が強すぎたかな?と。

味玉は半分に割られたもので、狙いすましたように黄身が良い感じに溶け出している。
味付けも程よく、当然ながらスープとの相性もピッタリ。

ホント、インパクトがありながらも全体の調和が取れたラーメンで美味しいなぁ♪


ラーメンを食べ終えるタイミングを見計らって、デザートの「バモチョ」が出てきました。

ばもちょ

「バモチョ」は、春巻きの皮にバナナ・もち・チョコが包まれたもので、注文毎に揚げて出してくれるので、熱々のものが食べられます。

パリっと揚げられた皮を破ると、中には柔らかなお餅とバナナが入っていて、溶け出したチョコが二つを包む感じになっています。
味はさほど強くなく、チョコの軽い甘さとシナモンの香りで愉しむ感じ。

サイズも小ぶりなので、ホント軽いデザート感覚で食べるには良い感じ。


ラーメン、デザートと共に、見た目も味も大満足でした。
一時期のようにキツイ並びも無く、この美味しいラーメンをさっと食べられるのは嬉しいね。


ご馳走様でした。


今年何杯目?:
395杯目

前回の訪問:
2008.4.22

禁煙状況:
禁煙

所在:
東京都福生市福生1043-1

営業時間:
11:30〜14:30 17:30〜21:00
土11:30〜21:00

定休日:
日曜日・月曜日

電話:
042-533-3941

駐車場:
近くにコインパーキング有